« 月夜 | Main | もういっぽん »

2004.09.29

市販CDでのレッスンは公演です

こんな判決が下っていたんですね。

音楽CDでレッスンのダンス教室「著作権侵害」 最高裁 - asahi.com : 社会

名古屋市などにある七つの社交ダンス教室が無断で音楽CDをレッスンに使ったとして、社団法人「日本音楽著作権協会」(JASRAC、東京都渋谷区)が経営者らに使用料などを求めた訴訟で、最高裁第三小法廷(藤田宙靖裁判長)は28日、教室側の上告を受理しない決定をした。CDの再生差し止めと、過去10年分の損害として計約3600万円の支払いを命じた二審・名古屋高裁の判決が確定した。

平たく言うと、「ダンスレッスンに自分たちが作った楽曲を使って金儲けしたのだから、その使用料(演奏)分を請求する権利はある」ってことが認められたことになります。

これは訴えられた社交ダンス教室だけの問題ではなく、例えば、演歌のCDに合わせて歌謡舞踊のレッスンするのも、ジャズダンスやエアロビの教室でノリノリのアップテンポ曲を市販CDでかけたりするのも、市販CD使ったカラオケ教室も、楽器演奏を市販CDに合わせて練習するのも、不特定多数への公の演奏とみなされ著作権者に損害を与えるとみなされる判例ができたことになります。
たぶん、これからこの判例を縦に楽曲をかけるようなカルチャー教室とかへもJASRACの取立てが始まるんでしょうね(- -;

|

« 月夜 | Main | もういっぽん »

ニュース」カテゴリの記事

Comments

うっへぇ~。なにを今更って感じが否めません。
JASRACも財政難なのかしら。苦肉の策で資金集め?

Posted by: com | 2004.09.29 at 17:16

うわあ、めちゃくちゃメンドクサ~~。^^;
http://www.jasrac.or.jp/info/event/play.html
によると手続き方法は書いてありますけど、
しかし実際には1曲いくらぐらいなんでしょうねえ?

Posted by: 黒陣馬 | 2004.09.29 at 18:15

comさん、黒陣馬さん、なにを今更っていうのは、最近になって著作権法でBGM使用が免除という文言が削除されたため、平成14年の4月から料金表を作って法的措置を開始したからだと思われます。

>しかし実際には1曲いくらぐらいなんでしょうねえ

黒陣馬さん自身が張ってくれたリンクの中にありますが、大体6円~9円位みたいですね。

それ以外に社交場でダンスを教授する場合というのも別にあって、どっちが適用されたのかはよく判りません(^^; 今回は3600万円÷7箇所÷120ヵ月で月額4万円位を取りたかったのでしょう。

一応、入場料やギャラがない場合や福祉、医療、教育機関、事務所での従業員への福利厚生、露天商の軽微なBGMは減免するとは書いてありますね。。それ以外は取り立てたいと考えているんでしょう。

楽曲で生計を立てたい人に対して対価を払うというのは判らんでもないけど、もうちょっとスマートな払い方ってないんでしょうかねえ(- -;

Posted by: くっきも | 2004.09.29 at 22:06

今のJASRACのやり方はアーティストにお金を渡したいのではなく、自分らがお金が欲しくてやっているように見えるから納得がいかんです…。

Posted by: Akkey | 2004.09.30 at 01:56

楽曲に関しては、JASRACでほぼ窓口が一本化してるので、権利関係がシンプルなため利用するほうは便利です。それについては使う側からしてもありがたいと思いますし、料金体系もまあ基本的に広く薄く取りたいのは判らなくもないけど、なんだかミカジメを取り立てるような雰囲気を与えてしまうのはどうにかならないもんですかねえ(- -;

Posted by: くっきも | 2004.09.30 at 20:14

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10432/1548906

Listed below are links to weblogs that reference 市販CDでのレッスンは公演です:

« 月夜 | Main | もういっぽん »