« 手の込んだお誘い | Main | 台風中継 »

2004.08.29

うじゃうじゃ走ってました

今年の年明けに中国に行ってきて僕が驚いたことあとむさんところでも話題にしてる(笑)
実際に目にしてみるともうびっくりですよん。かなり、かっちょえーのが走ってます。
ただし、電池切れのときに漕いでる姿は、、、ぱッと見バイクそのものなので、、、ご想像の通り、違和感タップリです(^^;

そう、いまや中国ではあの自転車のどばーっと走ってるシーンの1割以上が電動自転車なのだな。値段も結構安く、僕が行っていたところでは、2000元も出せばイトーヨーカ堂で結構いいものが買えるといっていた。約2万から3万円くらいかな。自転車より機動力があるものが例の調子で車道を走り回ってるんですから、僕は絶対に中国では運転したくないですね(^^;

でもって、それをそのまんま輸入して、倍くらいの値段、6万円くらいでネット販売しているところもあるみたいだけど、一応、道交法では「ナンバープレートのない原動機つき自転車の扱い」になるので、ナンバープレートを取りに行かないと(取れないかもね)公道は走れません。当然、運転するには免許も必要です。
日本のメーカーが電動アシストじゃなくて、電動自転車として売ってるのは10万近くします。作らせて輸入したとしてあと4万円分くらいどこに使ってるんでしょうね(^^;

安く量をいっぱい作るという点ではもう日本は中国に追いつけない感があります。品質も日本メーカーがこぞって技術者や製造施設を移転した分、非常によくなってます。が、ある程度日本メーカーで勉強して、作り方を覚えるとスピンアウトしてコピー商品を作り始めちゃうという「やっちゃったもん勝ち文化」は、、、まだまだ止みそうもないなあ。(- -; (実は日本も通ってきた道なんですけど)

日本もコピーされるのを嫌って、全部海外移転するというのをやめ、コアな技術の部分を日本で組み立てブラックボックスにして海外で組み立てというのが主流になりつつあります。たぶん、賃金もあがってきてますから、人件費の差は詰まるでしょうけど、これからますます知的財産の勝負となってくるでしょう。が、いまの日本って手に職を持ったエンジニアを大事にしないからなあ。就職難とかいっておきながら、高い技術を持った工場に就職希望する人は皆無だし。設計図は保護できてもどんどん重要な技術を持った人材が流出しちゃうかもね。

|

« 手の込んだお誘い | Main | 台風中継 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10432/1304169

Listed below are links to weblogs that reference うじゃうじゃ走ってました:

« 手の込んだお誘い | Main | 台風中継 »