« 尺取虫、届く | Main | チャーター機合戦 »

2004.07.17

付け刃

いきなりの英語のプレゼンだったわけですが、とりあえず形だけでも整えておくかーと買った本がこちら。ダンディーさんのところでグットタイミングに見つけた本。結果はいわずもがな。。


日本人ビジネスマンのための英語プレゼンテーションの技術日本人ビジネスマンのための英語プレゼンテーションの技術

そもそも英語できないんだもん。プレゼンとか言う以前の問題です(爆)
とはいえ、この本、まず章ごとにプレゼンに対する心がけについて英語でサマリーが書いてあって、それに対して日本語で解説がされているという不思議な書き方です。つまり本自体が英語プレゼン形式になってます。また、英語に限らずこういう風に目的にあわせてプレゼン資料をまとめていけば成功しますよ。というか、成功するプレゼンとはなにかということについて書かれているため、日本語でのプレゼンにも十分効きます。

だいたいにおいて、日本人はプレゼン苦手です。それはその練習をしてこなかったからです。ようやく小中学校でもみんなの前でプレゼンをする授業が増えました。僕らの時代にはなかったことです。しかし、いかに伝えるかは重要な問題です。それがいわゆるプレゼンのスポンサーとなるべきお客さんや他部署の面々に対することだけじゃなく、上司一人に対することでも、チームの面々や自分の数人の部下に対することも含めて、自分の思っていることを伝える技術はこれからどんどん必要になります。「ちみちみ、アレをナニしておいてくれ」で伝わる、ナーナーで仕事が進むような時代はどうやらなくなってるようです。人も金も時間も設備もちょっとでも余ってるとみなされるとどんどん捨てられちゃう時代です。エンジニアとしてもなんとか自分の仕事を進めるにあたってリソースを確保せねばなりません。
確保するには説明して納得してもらわないといけませんからねえ。プレゼン技術は大事です。

だからといって、上級サラリーマンなパワポ族にはなりたくないなあ。日永一日、パワポとエクセルでプレゼンをつくるという仕事を自ら作り出すマッチポンプな仕事。

自分のやりたいエンジニアな仕事のリソース確保のためだけの実質本位、必要最小限だけということで(^^;

まあ、なりたくてもなれないけどね、僕はぺーぺーでお偉方の取り巻きにすらなれてませんから(笑)
上級サラリーマンのおとな語もしゃべれんしなあ。英単語からっきしわからんもん。

|

« 尺取虫、届く | Main | チャーター機合戦 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

すみません、パワポ族です(^_^;
でも上級サラリーマンでは全然ないですよ(汗)

でも、プレゼンに関してはおっしゃっている事は良く分かりますねぇ。海外で経験したアピール手法は非常に新鮮で、実直で前向きという印象を強く受けました。自然にそれに慣れてしまったので、苦も無く体得してしまった訳ですが、それを実行しようとすると、なかなか大変です。
日本で教育される「発表」という手法は結論型なんですよね。なので事後報告には向いているのですが、プレゼンにはまったく向かないんです。
なので、幸いなことにお仕事として私の元に企画書作成とプレゼンの依頼が来るわけで(^_^;
毎回、それで悩んでしまうわけですけど…(汗)

Posted by: バカぽん | 2004.07.17 at 15:31

パワポ族って、数行の箇条書きのものでもワザワザパワポで書いてメールに貼り付け送ってくる迷惑な奴なんですが、、、バカぽんさんもそうなの?(苦笑)

確かに、日本人型プレゼンって「報告書」なんですね。一方、欧米人型は自分の意見の「アピール/主張」です。リストラ嵐の中、自分の仕事確保に必要なのは私に仕事をよこせという「アピール」。
とはいえ、あまりやったことがないものなので難しいですね(- -;

Posted by: くっきも | 2004.07.18 at 11:57

それはパワポの使い方ではないです(^_^;
あくまでプレゼン資料としてのパワポ族なので、そんなものであれば、そのままメールに書くと言うか、パワポはテキストエディターではないですからね(苦笑)

ちなみに、アピールというのは簡単なんです。
欲求の影には、それに応じた「論理」があるわけで、だから、欲求が生れるわけで、その欲求を実現化するためには、メリットとデメリット、そして実現するための工程を理路整然と説明して、その効果を認めさせることなんですよ。
それをまとめる為には、アイデアよりも「自分をいかに分析するか」に掛かっているんですけれどもね(^_^;
それが一番大変で…(苦笑)

Posted by: バカぽん | 2004.07.18 at 18:23

>それはパワポの使い方ではないです(^_^;
そうおもうでしょぅ?でもいっぱい居るんですわ。
メールの本文には「添付しました」程度しか書いてなくて、(もろ最近のウィルスメールとおんなじパターン(- -;)、仕方なしに添付ファイルを開くとそこには数行の箇条書きのパワポだったりワードだったり。
んなもんなら内容をそのままメールに書け!と腹立つこと腹立つこと。
まあ、いまどきの人にテキストエディタというのは存在しなくて、ワードかパワポなんですよ。

欲求を訴求点に変えること、それが一番慣れてなくて難しいんですけど(^^;

プレゼン繋がりで、poohotosamaのところにもなかなかいい注意点が書いてあったので、リンクを書いておこう。
Poohotosama's Joke Diary:Study English 6
http://poohotosama.cocolog-nifty.com/poohotosamas_diary/2004/04/study_english_5.html

Posted by: くっきも | 2004.07.19 at 13:09

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10432/989560

Listed below are links to weblogs that reference 付け刃:

» TOEICテスト 文法問題がわかる! [アジア海外駐在員便利帳]
TOEICの文法対策に照準を当てた教材です。レベルは若干高めのような気がします。最低限でも現在600点を超えている方ぐらいが対象かと思います。700-850点の... [Read More]

Tracked on 2004.07.24 at 21:31

« 尺取虫、届く | Main | チャーター機合戦 »