« しゃくしゃく尺取虫 | Main | 今日から夏休み »

2004.07.20

GMT と UTC

天文好きの友人に「え、GMTって夏時間ってあるの? それ困る、だって GMT+09:00とかどうなるの?」
ということを言われ、一同「へ?」

皆、一番詳しそうな友人がそんなことを言い出すとは思わなかったみたい(^^;

そう、世界標準時の表記はGMTではなく、UTCなのです。

一応、ぼくも「世界標準時としてGMTとはもはや使っていない」というのは知ってましたが、正確な意味を調べてみました。

GMT(グリニッジ平均時:Greenwich mean time)グリニッジ標準時のこと。イギリスのグリニッジ天文台のあったところを子午線とし、そこに太陽が真南に来たのを12時としたとこから始まっているのは有名ですが、世界の標準時間だったのはもう半世紀くらい昔のこと、いま日本の標準時がJSTと同じ意味合い、GMTはそのイギリス地方標準時という意味合いしかもちません。現在の世界標準時の表記は、UTC(協定世界時:Coordinated universal time)です。

ですから、日本の時間を表わすのには、UTC+09:00と書くのが正しいことになります。が、慣習的にいまでもUTCの代わりにGMTと書くことが多いです。ほら、メールのヘッダーやWindowsのタイムゾーン設定も東京、大阪 JSTををGMT+09:00と表現してるでしょう。コレはその名残なのですが。。お陰でいまだにUTCのほうがマイナーです(笑)

さて、UTCの時計は各地にある原子時計を基にして TAI (International Atomic Times:国際原子時)が作られているのですが、実際には地球の自転が年に1秒ずつくらい遅れているので、正確な原子時計を基にしていると、実際の太陽の動き、子午線に南中する時間とずれていってしまいます。なので、TAIに毎年のずれ分を補正したものがUTCということになります。

面白いのは、UTCという表記の決め方。いつものように、英語表記CUT (Coordinated Universal Time) とフランス語表記TUC (Temps Universel Coordonné) でもめにもめ、結局どっちつかずのUTCにしたというのは、なんだが微妙に笑えます。

参考にしたのはつぎのところ:
GMT と UTC の違いは何 ?
標準時について UTC, JST, TAI, GMT

|

« しゃくしゃく尺取虫 | Main | 今日から夏休み »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

 度量衡でも、フランスと英米は、張り合いまくりですね。

Posted by: satoshis | 2004.07.21 at 09:29

いまだに英米はオンスポンドガロンインチヤードフィートマイルですから(笑)

Posted by: くっきも | 2004.07.21 at 10:38

おまけに、華氏。(エーカーもか)

Posted by: satoshis | 2004.07.22 at 13:50

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10432/1011294

Listed below are links to weblogs that reference GMT と UTC:

« しゃくしゃく尺取虫 | Main | 今日から夏休み »