« ネットは悪者のほうが都合がいい | Main | 莫迦ども »

2004.06.04

最近のこどもは…

数字や客観的資料をそろえて展開しているところは凄いなあ。
僕にはここまでできないや。

デパス四錠と煙草一箱:そろそろ「最近のこどもは……」ってのをやめたらどうだろう?

子ども世代と大人世代に隔たりがあるのは太古からのことだし、「最近のわけーもんは」というフレーズも今始まったものじゃない。芋洗いの猿も小猿が最初に始めたのを皆真似たからという説もあるくらいで、隔たりがあるからこそ、時代はどんどん進んでいったのだろう。
そう考えると、大人世代との隔たりを「最近のこどもは」というフレーズでステレオタイプに完成の違いを括ることは、昔も今も未来もずっとあることなのだと思うのだ。ただ猟奇的な事件について、「最近の(90年以降に生まれた)子ども」だけがやってたかのようなことを言うのは先の記事のように変なことなのだ。
が、「(その時代で切り取った)最近のこども」が大人が理解不能な事件を起こすことは、完成がいつの時代でも違うわけで、今も昔も未来もありえることであって、そういう意味で「最近の子どもは…」と使うことは是でありましょう。

|

« ネットは悪者のほうが都合がいい | Main | 莫迦ども »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10432/709875

Listed below are links to weblogs that reference 最近のこどもは…:

» 1960年が最多 少年の凶悪事件 [外かんのできる街で]
ぶつぶつぶろぐ:最近のこどもは…経由にて。 そろそろ「最近のこどもは……」っての [Read More]

Tracked on 2004.06.04 at 14:43

« ネットは悪者のほうが都合がいい | Main | 莫迦ども »