« 少ないと見るか多いと見るか | Main | Project Arita: 全国版の新聞記事に »

2004.06.11

お得感がないんだもん

役所の少子化対策というと、判で押したように育休啓蒙、時短の労働条件改善、保育園定員増。。。
まるで子どもを作らないのは働けないからだといわんばかり。
いや、確かに子どもを持ちながら働く、特に女性に対しての負担は凄まじいものであることは判ってます。現状、何とかせねばならないところですが、すでに子どもをもうけてる人はそれに巻き込まれてでももうけてるわけで、それよりいま子どもを持ちたくないと思っている人をなんとかせにゃならんでしょうに、で、その方々の理由は「働けなくなるから」でしょうか?

たぶんちがうよねぇ、子どもがいると「なんとなく損しそうだから」というのが女性や男性に重くのしかかってるからではないの?

昔は、子どもの数=働き手であり、老後の備えであり、自慢であり、多いほうがなにかといいことが多かった。産めよ育てよと社会的にも誉れであった。子どもを持つことによる判りやすいメリットがそこにはいっぱいあった。

が、今はどうだろう。可愛い子どもが欲しいという精神論(酔狂?(^^;)を満たすことを除いて子どもがいて得することってあるんだろうか?

別に子どもを労働力のあてにする必要もなく便利な世の中、そこそこの収入、社会の教育投資は削られる一方、とにかく子育てに金がかかる、かけなきゃ子どもが不幸になりそうだ、なんだかんだ理不尽にすさまじく時間はとられる、そしてそれが自分の労働条件の足かせになる、結局育てても老後を看てくれる期待は出来ない、これじゃあモチベーション上がらないよね。デメリットばっかり思い浮かんでしまう。

国が少子化を憂うならもっとさー国家の未来を背負って立つ子どもを産んでくれることにたいして、国がもっと子育て親に遣り甲斐を与えたり、お得感のあるインセンティブつけなきゃむりっしょ。
しっかし、自分の天下りビジョンならホイホイ作るくせに、役人や政治家はすぐに票に結びつかない形が見えなくて時間のかかる投資やビジョンが嫌いときてる。まだまだ判を押したようなしょーもない対策案ばかりがでてくるんだろうな。
でもって、僕自身の意見は過去の記事に書いてる通りです。

|

« 少ないと見るか多いと見るか | Main | Project Arita: 全国版の新聞記事に »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

こんにちは(^^
くっきもさんがおっしゃる通りだと思います。
友人から言われた事があります。
「子供が3人もいたら子供にお金がかかるし、自分の事は何もできないでしょう?何が面白いの?」と(汗)
でもこういう考え方をさせてるのは国なのですよね。

Posted by: ryou | 2004.06.11 at 10:51

 共働きばっかり優遇なのは、「将来もそうだけど、今の年金の支払いが減っても困る」からだったりしてね。扶養配偶者優遇が廃止されたら、政策も変わるのか?
 三人目? うーむ、もうタイムリミットかな。

Posted by: satoshis | 2004.06.11 at 10:55

確かに今って「損得勘定」が前提ですもんねぇ。
子供絡みの暗いニュースも多いしなぁ。
それとは逆に一部進歩的(苦笑)女性には「子供」がキャリアの一部みたいな扱いにもなってるし。
うーん、なんだかわかんないけど、とりあえずはお腹のちびを頑張って産んで育てます(としか言いようがない...)。

Posted by: くわとろ | 2004.06.11 at 13:23

ryouさん>
うちも2人子どもがいて、そりゃもう毎日いろんなことが起こり、それはそれは楽しいけどね。
一応、苦労以上には楽しめてるんで得してると思ってます。

さとしすさん>
そりゃもう納税していただかないことには、甘い汁も吸えなくなりますから(爆)
扶養配偶者の控除がばっさりなくなったら。。100万あまりの変な上限がなくなり、ますます忙しくて子どもどころじゃなくなるかもね。
うちも3人目はそろそろタイムリミットです。

くわとろさん>
人の衝動って結構理性からの損得勘定(お金だけじゃないよ)がベースになってるんです。子どもをもうけるって今いるところから大きく変化させられちゃいます、否応なく。昔は今の生活から大きく変わる転機として子どもを欲しがったと思うけど、そこそこ普段の生活がお金も生きがいも満たされちゃってますからねえ。離れがたいのも判らんでもない。
そこからドンと背中押すことをしないと誰も変わらんわな。という言う意味でインセンティブ(お金っていう直接的なものだけじゃないよ)をちらつかせなきゃっていうことなのです。
育休、時短、保育園なんてホントはなくちゃいけないものがないっていうだけであって、ただの現状改善ってだけでしょ。しかも生温いし。そんなの動機付けにならないよ。生きがい、やりがいが見えるインセンティブを示せなきゃね。

Posted by: くっきも | 2004.06.12 at 09:59

こんにちは。
おっしゃる通りですね。
私の周りにいる若い子達で、仕事を続けたいから子どもを持ちたくないという人はいないです。自分の時間を失いたくないとか、自分には子どもを育てられないとか、そういう子が多いです。
以下、そんな若い子の言ったことです。
「なーんかさあ、年金払わせるために子ども生めって言われてるみたいで、ちょーむかつくんですよぉ」
それだけじゃないと思いますけどね。たぶん。(^^)

Posted by: funa | 2004.06.13 at 09:39

わははは
>「なーんかさあ、年金払わせるために子ども生めって言われてるみたいで、ちょーむかつくんですよぉ」

まあ、年金というより自分らの未来のために子ども産めという言ってるのは外れじゃないんですけどね。

働けないからという理由が一番大きいかどうかは、内閣府の調査でも違うというのが出てますんで、それはまた別の記事に。

Posted by: くっきも | 2004.06.13 at 12:01

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10432/748496

Listed below are links to weblogs that reference お得感がないんだもん:

» 政府はシンガポールの実情を知ろう [quatro]
少子化ネタ、再び。 くっきもさんの記事を読んで、激しく頷いた。 これねぇ、シンガ [Read More]

Tracked on 2004.06.11 at 21:43

« 少ないと見るか多いと見るか | Main | Project Arita: 全国版の新聞記事に »