« きゃぷちゃボード | Main | 直った »

2004.05.31

ま、またもや

@nifty:モータースポーツ:F1:2004年:ニュルブルクリンク(GER日曜決勝レース結果

琢磨はアグレッシブな走りが災いして、2位争いでバリチェロと接触!ウィングを壊し、ピットインで順位を落としそのあとまたもやエンジンブロー(- -; きっちり走るだけでも3位、ペース的には琢磨のほうが上だったのでじっくり抜いてもよかったのだが…残念でした。
フェラーリ、安定感分の余裕でどうとでも戦略が立てたれるというのが一番の強みというのが判るレース運び。でも、B.A.R. Hondaが肉薄しているのも事実。次かな。。

|

« きゃぷちゃボード | Main | 直った »

ニュース」カテゴリの記事

Comments

こんばんは^^

丁度ミカ・ハッキネンが引退する辺りの時代まで、F1を熱心に見ていたのですが・・・
最近のBARはスゴイですね~^^
琢磨氏はいっつも勿体無いところで、OUTしちゃってますが、これなら「そう遠くない日に・・・」って期待も出来ますよね^^
バトン氏も頑張っているし。

(ビルヌーヴが居たころとパフォーマンスが全然違うような気がしますね^^;)

Posted by: まいくろ | 2004.05.31 at 20:43

ようやく今年になってタイヤ、シャーシとエンジンがかみ合ってきたというか、Hondaがエンジン以外も本気になったというか(^^; パッとしないビルヌーヴが居なくなったというか(^^;;
琢磨のパフォーマンスは十分で、後もう一歩で高いところにたてるはずなんですけどねぇ。わかいってことなんでしょうか。まあ昔のトゥルーリよりかなり落ち着いた走りをしてますんで(コレコレ)、期待してます。

Posted by: くっきも | 2004.06.01 at 00:05

佐藤琢磨選手の履いてるミシュランは、最初の2周目くらいにとてもグリップが増して、その後は数周1,2秒はタイムが落ちてしまうんですよね。
だから、抜くならあの周しかなかったんですね。
当然、エンジニアのジョックさんからそうした指示があったのだと思いますよ。
彼も決して3位でいいや、なんと妥協しないタイプの人ですし。

このミシュランの性質は、今の予選システムを考えるといいんでしょうね。
でも、イギリスGPからはまた昔のものに近い予選方式に戻されそうですから、それまでにブリヂストンのような性質のタイヤを開発しないと苦しくなるかも。

B.A.Rが今年もブリヂストンタイヤだったなら、もっと素直に応援できたんだけどな。

Posted by: ピーちゃんの身元引受人 | 2004.06.01 at 08:50

フレッシュタイヤでのパフォーマンスは、ブリジストンを完全に越えてますねぇ。が、ロングランになるとブリジストンのほうがタレが少ないらしく、特に燃料が減って来るほどにフェラーリはペースアップ、猛チャージできるのに、ミシュラン勢はペースを保つのがやっとという状況。
バリチェロは(ドア閉じるの;)巧いですからねえ、、あのタイミングしかなかったかもしれないけど、車壊すのは(^^;。
とはいえ、それだけアグレッシブなのが売りなのはじゅうじゅう承知。じゃないとあのポジションは得られませんもの。だから期待しちゃうんです(^^)

ブリジストンはフェラーリ専用の感が強いので、BARが今年も履いていたらどうかというのは、わかりません。でも、履いていて欲しかったですね。

Posted by: くっきも | 2004.06.01 at 10:01

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10432/684033

Listed below are links to weblogs that reference ま、またもや:

« きゃぷちゃボード | Main | 直った »