« またお預け | Main | ソフトウェアの作者に罪は問えるのか »

2004.05.11

ビックとヨドバシにくわれたか

新宿駅前のカメラ量販店から巨大な総合家電量販店に育っていったヨドバシカメラ、ビックカメラ、さくらや。しかし家電店の淘汰に飲み込まれてしまったか。ヤマダ電機とか郊外型量販店とかライバル続出、ポイント制の乗り遅れ、やはり規模をあまり大きく出来なかったのがひびいたのかな。

家電量販店さくらやを投資ファンドが買収 7割出資 - asahi.com : 経済

投資ファンドのフェニックス・キャピタルは10日、家電量販店のさくらやを買収すると発表した。月内にも40億円の第三者割当増資と劣後ローン30億円を引き受け、出資比率は7割程度となる見通し。経営陣も送り込んで経営をテコ入れし、上場を目指す。店舗や人員のリストラは計画していない。

|

« またお預け | Main | ソフトウェアの作者に罪は問えるのか »

ニュース」カテゴリの記事

Comments

 東京から東のほうに住んでいると、有楽町のビック、錦糸町のヨドバシに比べて八重洲口の隅のさくらやは使えなさ過ぎます。

Posted by: satoshis | 2004.05.11 at 01:01

ビック、ヨドバシのアグレッシブさからすると、さくらやはおとなし過ぎた感があります。
大量仕入れで廉価攻勢をかけるには規模拡大によるところが大きいのですが、及ばなかったんでしょうね。
使えなさ過ぎるというところも規模拡大できなかったところに原因があったかもしれない。

Posted by: くっきも | 2004.05.13 at 10:51

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10432/572606

Listed below are links to weblogs that reference ビックとヨドバシにくわれたか:

« またお預け | Main | ソフトウェアの作者に罪は問えるのか »