« アルジャジーラ出演 | Main | 初夏の海 »

2004.04.11

声届く

「人質、24時間内に解放」中東TV、犯人側意向伝える - asahi.com : 国際

声明は「イラクのイスラム宗教者委員会の求めにこたえて、3人の日本人を24時間以内に解放する」と表明。そのうえで「親愛なる日本の民衆に対して、日本政府に圧力をかけ、米国の占領に協力して違法な駐留を続ける自衛隊をイラクから撤退させるように求める」とした。

まだ予断を許さないけど、米国に関係ないもの、イラクのために直接働いていたものを返せという声が届いたようだ。ありがたいことに今回は宗教的な後ろ盾ももらえたことが幸いした。
ギリギリだけど日本はまだ信用してもらえてる。これからの行動が一番重要だ。これからの行動が一番注目されている。犯人探しはとりあえずほおって置いて、むしろ開放されたら信用してもらえたことに礼を言うくらいの立場で、もっと信用を勝ち得る行動を取るべきだ。

イラクの人たちに期待されてる日本の貢献ってなんだろう。
すくなくとも自衛隊に水汲みさせたりすることではないだろう。
日本が来る=医療が来る、物資が来る、そして職が来る
と思われてる気がしてならない。
どうしても撤退できないなら(まあテロに対してこれで「撤退という」弱腰は見せることは出来なくなっただろう)、サマワを橋頭堡にして米軍とは距離を置いていることを強調し(米軍向けの物資ではなく)、命知らずの商社を護衛しつつ、直接イラクの人たちが得られる職を運び入れることだろうなあ。
宗教に対してもニュートラルな立場が取れることも大きいはず。
日本の安全にはイラクの人々の信用を勝ち得るようがんばるしかないです。。

|

« アルジャジーラ出演 | Main | 初夏の海 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

トラックバックに私の心情に合わないものが
張られましたがとりあえずほっときます。
消しちまうのも心情に合わないからです。

私は自衛隊の水汲み派遣には反対「でした」が、
この事件がおきちまったおかげで
しばらく撤退しろとは言えなくなりました。
ダッカの事件を私はリアルタイムに知ってる
世代ですから自明です。
わざわざ片棒担いで声高に撤退を騒ぐ気には
全くなれません。


Posted by: くっきも | 2004.04.13 at 01:00

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10432/423954

Listed below are links to weblogs that reference 声届く:

» 東京近辺の人はいますぐ国会へ! [Peace Event Calendar]
速報: 人質3人、ファルージャ近くで解放予定 but 米軍の攻撃で阻害 WPN集会で報告 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=2... [Read More]

Tracked on 2004.04.12 at 19:57

« アルジャジーラ出演 | Main | 初夏の海 »