« 新たなる酒 | Main | 期待した結果は? »

2004.04.04

それって著作権なの?

輸入版とCCCDに関する衆議院での答弁というのがあった。例によって、難解な日本語での応酬なのだが、普通の言葉でまとめてくださってる記事があったので、引用させていただく。

OTO-NETA: CCCD衆議院での質問の答弁結果


# 日本盤が出てるとき洋盤は対象になるのか?
→洋盤に日本で販売禁止の表示があって、日本盤の利益が不当に害される場合は輸入権違反に問われる。

# 日本のライセンシーが、海外の版元に依頼して「日本販売禁止」の表示がされた場合は?
→上と同様である。しかも独占禁止法は適用されない。

# 日本盤はCCCD、洋盤はCDのとき、すなわち違う規格で出来たものを同じ音楽用CDとして規制対象にするのか?
→同じ曲が入っていれば同一とみなす。日本盤の利益が不当に害される場合は輸入権違反に問われる。

うーん、これって著作権っていうよりただの独占的販売権に関する商取引ってことじゃないの?
まあ、著作権に絡めた商取引といえばその通りだけどさ。

CDに限らず、一般的な商習慣からすると国内で独占的販売権を誰かが持った瞬間、並行輸入業者はライセンス契約を得た側からすると邪魔者ということで、版元に対し並行輸入業者への供給を差し止めるように要請することは可能なのだ。それが「独占的販売権」だ。

なるほどCDにもそれを適用しようということだ。誰かがその洋盤の日本での販売権を得て日本での販売を始めた場合、販売者は版元に日本への平行供給を差し止めるように要請ができる権利を含めて契約することができる。版元がその権利を了承し、その洋盤の「日本での販売禁止」としたら、並行輸入業者への供給は絶たれるだろう。
CDかCCCDかで中身が同じかかという議論は独占的販売権の前では意味がない。CCCDを日本専用モデルとして売るので洋盤オリジナルのCDの輸入ごと差し止めを要請できる権利を版元から買えばいいのだ。

というわけで、こんなのいま初めて決まった商習慣というわけではないのだ。騒ぐに値しない。この独占的販売権を行使すれば、CDの並行輸入を締め出すことは可能ということを言い直しただけの答弁といえる。

が、日本で売られている楽曲の多くは品質がCCCDで歪められ、しかもかなり高額に設定されているというのは、日本の消費者には、もうばれてしまっていることだ。インターネットの普及で海外でいくらで売られているのものかなど誰でも瞬時に判る。明らかに値段格差があるものが今後国内で買ってもらえるものになるのかは自明だ。消費者も莫迦じゃない、CDに限らず、その商品がリーズナブルと思われなければ、即そっぽ向かれて自分で自分の首を絞めることになるだろう。
すでに1枚1000円のCDシングルは絶滅寸前だ。ミリオンセラーなどどこにあるのやら。CCCDやマキシシングルとかDVD付きとかで何とか売り上げを上げようとしてるが、無理っぽい。違法コピーが原因じゃないことはいい楽曲はちゃんと売れていることで証明済み、つい最近の宇多田ヒカルのCD(CCCDにあらず)はいきなり260万枚だ。

時代は強権使えば売り上げが上がるってもんじゃないよ。もうちょっと頭使って商売しようよ>日本のレーベルさん

|

« 新たなる酒 | Main | 期待した結果は? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

本とひでぇ話だ・・・

CCCDは売り上げに影響を与えないって最近発表があったばかりなのにね

amazon.comから直輸入したりするのもだめなのかなあ?
個人の輸入には関係なかったと思ったけど?

Posted by: 温泉 | 2004.04.06 at 13:08

どうだろう。
独占的販売契約しだいじゃないかな。
一切日本への(配送含む)販売を認めないとか言い始めれば、
ばっさりそのタイトルは禁止でしょう。

Posted by: くっきも | 2004.04.06 at 23:37

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10432/395104

Listed below are links to weblogs that reference それって著作権なの?:

« 新たなる酒 | Main | 期待した結果は? »