« 高速道路料金半額- 障害者割引 | Main | みどりの日 »

2004.04.29

ヤルッツェ ブラッケン

先日、CASSHERNをレイトショーで観てまいりました。
言われている通り、タツノコプロの「新造人間キャシャーン」をモチーフにしているだけで中身は違うものです。

ヤルッツェブラッケンなどと叫ぶこともないですし、新造人間たちの名が呼ばれることもありません。
フレンダーは名前だけ出てきますし、スワンもベッドです。
そもそも、ヘルメットがないのが一番気に入らないのですが(笑)、一応、兜と一緒に上月邸で棚の上に飾ってありました。そんな感じにアニメ版のなにかがちりばめられてて、なんとなくそれを見つけてはクスクスっと笑うところなのかもしれません。

全体的に映像の色使いはとても奇麗です。アニメを彷彿させる戦闘シーンもちょっとありますけど、写ってるものは流血シーンがかなり多く、グロいです。子ども向けには気をつけたほうがいいかもね。
テンポはマーマーいいです。メッセージ性重視なのでクドイです。特に後半は前に行ったり後ろに行ったり刷り込みモードがクド過ぎ、ストーリーがどっかいっちゃって結局どういう話だったのかよく判らなくなりました(^^; ま、メッセージ性重視映画ってそんなもんだろう。

ゾンビ&狂気的世界リセットというとこらへんは、ありきたりな感じで嫌いかも。そのまえに別の意味で対照的な「ゾンビ&狂気的世界リセット」のアップルシードを観てるからかもしれないなあ。
僕的には、捻りすぎた希望より判り易い希望のあるエンディングの映画アップルシードのほうが好きです(^^; それは僕自身が捻くれ者、天邪鬼だからかもな。

|

« 高速道路料金半額- 障害者割引 | Main | みどりの日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

 全体主義性、国家社会主義的なパロディでしょう。大同団結なんかもそうだし、摂家神道による国家神道もそれに値するのではないでしょうか。

Posted by: 愛知の鍛造屋 | 2012.06.18 at 18:41

懐かしい記事にコメントありがとう。

メッセージ性の強い、つまりなにかの風刺を込めている映画でしたからいろんなパロディ要素が含まれていたのでしょう。が、今となってはどういう映画だったのかも実はもう記憶に残っていません。
残念ながら、この映画からのメッセージは僕には届かなかったようです。

Posted by: くっきも | 2012.06.20 at 23:49

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10432/511855

Listed below are links to weblogs that reference ヤルッツェ ブラッケン:

« 高速道路料金半額- 障害者割引 | Main | みどりの日 »