« クリックで救える命がある | Main | 何見つけたんだ? »

2004.03.02

WhyCry

ITmedia ライフスタイル:赤ちゃんの泣き声分析器「WhyCry」を、本物の赤ちゃんに試す

申し訳ないけど、この商品企画した人ってたぶん赤ちゃんを育てたことがない人なんじゃないかなと思ってしまうのです。
なんで泣いてるかオロオロしないで済む? 生まれて1日2日で何人もの泣き声の中から自分の子の声を親は聞き分けるし、ある程度、なんで泣いてるかも判るようになる。でも、相手は赤ちゃんと言えども他人。判んないときは判んない!
そんなこんなを続けてコミュニケーションが成り立っていくのにね。

これ、冗談グッズなおもちゃとして笑い飛ばせる余裕があるならいいけど。。そうじゃないないというならば、これほど親子のコミュニケーションを莫迦にしたものはないと思う。(ばうりんがる、にゃうりんがるしかり。。)

ちょっとこの記事を見て、むっとしてしまった。

|

« クリックで救える命がある | Main | 何見つけたんだ? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

くっきもさん、こんにちは。
先日はコメントしていただきましてありがとうございました。

私もこの「WhyCry」には否定的な考えを持ってます。
>相手は赤ちゃんと言えども他人。判んないときは判んない。
確かにその通りだと思います。
私は3人子供がいますが、長男なんていつも泣いてましたので、
どうして泣いてるのか全く解りませんでした(汗)
でもそれなりに対応して、スキンシップをしていきながら、
信頼関係を築けてきたような気がします。
この器械に頼ってたら、とんでもない事になると思います。
それに高価過ぎますよね。

Posted by: ryou | 2004.03.02 at 14:52

馬鹿企画のくせに真面目ぶって書くから反感買うことに。スペイン製だそうですから、ここで商品企画者批判しても届きませんけどね。バウリンガルもてんで役に立たないそうですけど、あれはまだ冗談で通じますからね。
 どうして泣くかは大体分かるけど、分かってもしょうがない時もあり、そん時は付き合ってやるしかないんよ。どのみちこんな機械の出る幕はありませんね。

Posted by: satoshis | 2004.03.02 at 18:32

そもそも不機嫌だから泣くわけで、そこにどう親が係わるかがコミュニケーションの一歩、、不機嫌の種類で泣き声が変わるかどうかを研究することは構いませんが、我が家でも姉弟で泣き方全然違ってたから、当てになるものができるやら?
そんな簡単なものじゃないってことは、子どもを育ててみた経験があれば、すぐ判ること。
たぶん、誰もこんな機械に頼ることはないとは思う。
ノイローゼなるくらい真剣勝負の場に、こんなおちゃらけたものを作って持ち込んで欲しくないって言う気分なのです。

Posted by: くっきも | 2004.03.02 at 22:24

 ノイローゼになる位なら、隣の部屋にほっぽってしばらく耳ふさいでいるのも手ですよ、と真面目なアドバイスとして書いている専門家の人がいました。 自分を追い詰めるよりも、泣き止まなくても死にやしない、いつかは泣き止むと、構えるほうが吉であると。

Posted by: satoshis | 2004.03.02 at 22:56

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10432/253659

Listed below are links to weblogs that reference WhyCry:

« クリックで救える命がある | Main | 何見つけたんだ? »