« 垣根 | Main | ザウス あと機械室ブロックを残すだけ »

2004.03.13

モラトリアム

ひとくちメモ: 彼女からの手紙

モラトリアムの出口はどこかにあるのでしょうか。いや見つけるべきなのでしょうか。モラトリアムなまま生きることは不自然なのでしょうか。

たぶん、出口なんかないし、モラトリアムの出口を探す自分と付き合って生きていくほうがより自然なのだと思う。そもそも、自分のモラトリアム(大人社会に同化できない人間)の部分を冷静に見つめられるということは、十分、大人ですよね。ポップンポール氏は解ってて書いてるんだろうけど(^^)

経験しちゃったこと、知ってしまったことはもうなかったことには出来ない。いっぱい塗り重ねた経験の上に自分の人格が牢名主のごとくふんぞり返って居座っている。こうしている間にもどんどん重ねている。

その昔、自分の人格が疎ましく、自分を変えたいとグルグルとどん底に悩みに悩んだときがあった。そう、ご多聞に漏れず、彼女に振られたときだ(爆)
が、どうやったところで自分は自分、そうそう大きくなんか変えられないことに気づき、もっと落ち込んだ(笑)

手っ取り早く大きく変えるには、今までの自分を、重ねてきた経験を全否定し、人格崩壊を起こさせ、その廃墟の上に自分の望む、それこそ映画のセットのごとく、都合のいい自分を作ればいい。(人格改造セミナーとか一部の怪しい宗教とかよくやる手ですな)
これ嫌だ。ぜったい嫌だ。嫌いな部分があるかもしれないが自分は自分だ。カキワリの人生なんてヤダ。

となると、こりゃ自分を全肯定して受け入れるしかない。
いつも一歩ひいて冷めてる自分も、モラトリアムな自分も、自分が嫌いな自分も全部ひっくるめて自分。
あとは、試行錯誤をつづけて自分の望む形に近づくように塗り重ねていく。塗り重ねたからといって望む形になってるのか、だいぶ後にならないとわからない。もしかすると、全然違う方向にいっちゃってるかも(^^;
容易じゃないです。百八つじゃ足らないほどの煩悩。いまだに嫌いな自分は嫌いです。でもまあ、嫌いな自分を意識できてるだけマシ、だと思わんことにはやりきれない。
親友って、外から自分を肯定してくれてる存在なのだろうな。これは確かに心強い存在だ。でも自分を肯定してもらうには、相手も肯定しないとね。自分も肯定し切れてないのに。。(^^;

モラトリアムな自分も嫌いな一人。いろんな思い出とリンクしてる存在。親友への想いともリンクしている存在。そこだけ消せる存在じゃない。
嫌いな自分、永遠に、それこそ死ぬまで尽きない悩みなんだろうなあ。
死ぬまで付き合わされる悩みなんだろうな。

と、悩んでる自分は結構好きだったりする。あー、複雑なリンク(^^)


|

« 垣根 | Main | ザウス あと機械室ブロックを残すだけ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

どうもどうも。こんにちは...。
そう、どう見てもボクちゃんは大人です(笑)。
モラトリアムな大人です。かっこわるっ!

いっぱい塗り重ねて来てます。
透明な絵の具を何度も何度も。
塗っても塗っても完成しない絵を描いてます。
でも色が付いてても結果は同じ。メイビー(笑)
自分がいまここに存在してる。
それだけですね。なんだデカルトじゃん(笑)。
チープだなボクの連想...。
でもここが出発点ですね。ゴールじゃない。
それを受け入れられない人は死ぬしかない。
ボクは死なずに生きてきた。
それが小さな誇り。
いつかボクのキャンバスにも色がつく。
それを信じて錬金術師の日常は続きます。
それが生きるってことなんだと思いました。
サンキューです。サンキュー照代です!?

Posted by: ポップンポール | 2004.03.13 at 12:03

コメントありがとうございます。

やっぱ、生き続けてるって、とってもカッコわるい。
でも、塗り重ねたあと、いつかは、ぼくもちょっぴり誇りのある絵を描けるといいなあ。

Posted by: くっきも | 2004.03.13 at 21:26

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10432/293733

Listed below are links to weblogs that reference モラトリアム:

« 垣根 | Main | ザウス あと機械室ブロックを残すだけ »