« 回転ドアの恐怖 | Main | 食われた紙の辞書 »

2004.03.27

回転ドアの恐怖 その2

センサー感知後も25センチ動く 男児死亡の回転ドア - asahi.com : 社会

事故防止用のセンサーが作動した後もドアが停止するまで約25センチ動くことがわかった。センサーが正常に作動して人を感知したとしても停止が間に合わない可能性があり、警視庁が事故との関連を調べている。

センサーに「死角」、男児感知できず? 回転ドア事故 - asahi.com : 社会

大阪府吹田市の溝川涼君(6)が自動回転ドアに挟まれ死亡した事故で、回転ドアの挟まり防止機能の赤外線センサーに、「死角」があることがわかった。センサーが感知する範囲に一定の条件があり、身長の低い涼君が感知されなかった可能性があるという。警視庁は、このセンサーの仕組みを調べている。

仮設の柵が逆に災いしてしまったということか?
柵をくぐり、かがんで入り込んでしまったがために、センサーの死角に突っ込んでいくことになったのかな。さらに、センサーが検知しても全然間に合わない仕様であったと。
とはいえ、構造上の欠陥が明らかになったことで今後の三和シャッター工業の動きに注目だな。

|

« 回転ドアの恐怖 | Main | 食われた紙の辞書 »

ニュース」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10432/359398

Listed below are links to weblogs that reference 回転ドアの恐怖 その2:

« 回転ドアの恐怖 | Main | 食われた紙の辞書 »