« 雪牡丹 | Main | WhyCry »

2004.02.29

クリックで救える命がある

株式会社ディー・エフ・エフが今年始めた募金システムです。巡回するアチコチのサイトに紹介がでていたり、バナーが貼ってあったりするので、どれどれどんなものだ?と見てみることにしました。

パッと見た目、イマイチどういうことをしたいがためにやり始めた事業なのかわかりづらい。が、スポンサー情報(企業様向け)を読むとこの会社が何がしたいのか(ビジネスモデル)のシステムが見えます。

ようするに企業の「企業責任活動」をPR&フィードバックがもらえるページを作りますと参加企業(スポンサー)を募り、その中からNPOに対して寄付金活動を行っている企業を紹介、その紹介記事を見た人から賛同のクリックがもらえたら、その回数を伝え、たぶんビューカウントの利用代金を貰い、その企業とタイアップしているNPOにクリック回数に比例した寄付金を渡すというシステム。
参加企業側からすると、少ない投資で企業責任をはたしてまっせとPRの場に名を連ねられるし、NPOに寄付金をしてるということも効率的にPRできる。

株式会社ディー・エフ・エフ自体が直接募金するわけではない。もちろん、クリックした側(うちら)が1銭たりとて募金するわけでもない。参加企業のページに飛んでもらうラウンチャーと投票(?)システムを用意して、飛んだ先でその企業が行ってる寄付活動のどれに募金をする(寄付したほうがいい)というのを投票してるようなものだ。
つまり募金の名の下に他とはちょっと違うクリック広告も見せる(誘う)ことが出来るWeb広告を提供し、広告代の一部を寄付しているといえる。

でもまー、なかなか面白いビジネスモデルじゃないか!!
というわけで、サイドフレームに小さいながら www.dff.jp のバナーを貼っておきました。

興味のある方は、まず、CSR ConsortiumStudy CSRでCSRって何?を読んだり、募金ページの下のほうにある 「スポンサー情報(企業様向け)」のリンク辺りを辿ってビジネスモデルを理解してから、どうするか考えてみてくださいまし。

|

« 雪牡丹 | Main | WhyCry »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10432/248063

Listed below are links to weblogs that reference クリックで救える命がある:

» クリック募金 [from TSUKUBA]
すでにお気づきの方も多いかと思いますが、数日前からディ・エフ・エフさんのバナーを掲載しています。 ←こんなバナーです。 最近、CSR(Corporate Soc... [Read More]

Tracked on 2004.03.26 at 21:45

« 雪牡丹 | Main | WhyCry »