« 米がBSE調査を終了 | Main | 「epサービス」終焉 »

2004.02.11

秋葉原ヤマギワソフト館の火災

asahi.com : 秋葉原のソフト量販店で火災

ほとんどがプラスチックですからねえ。有毒ガスは出るわ、ものすごく火の回りも速かっただろうに、消防隊員2名に通行人1人が軽い怪我で済んだのは、奇跡的だったのだろうなあ。

この規模のビルにしてはスプリンクラーがなかったというのにちょっと驚いたが、店員が裏の整然と避難階段に誘導し、店内にいた人はすべて無事だったとか。年1回は避難訓練をやってたんでしょうね。そうじゃないと、とっさのときに、どっちに避難階段があるかも、避難階段が使える状態なのかどうかもわからんもんね。おざなりだけど、やるだけの価値はあるのね>避難訓練
秋葉原の雑居ビル、多くは避難階段とか通路までもダンボールの山で使えないとか、下手すりゃ避難階段があるとは思えんペンシルビルだらけだもんな。(^^;
いまのとこ、原因はエスカレータ下のスペースに雑多に置いた販促資材に電源コードのトラッキング現象で火がついたのではとなってるけど、あのへんの店ってみんな棚の裏はタコ足配線だらけだもんな。といっても他人事にしちゃうんだろうけど(笑)

|

« 米がBSE調査を終了 | Main | 「epサービス」終焉 »

ニュース」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10432/185459

Listed below are links to weblogs that reference 秋葉原ヤマギワソフト館の火災:

« 米がBSE調査を終了 | Main | 「epサービス」終焉 »