« さて、、 | Main | 市場価値 その2 »

2004.02.01

苦労したい?

普段、会社の机の上でメールを読み書きしたり、Web見たり、ソースコードを触ったり、部門サーバをいじったりと使っているPCは FreeBSDなマシン。はびこってるMS Officeなファイルをいじるときだけは、Windows2000なノートPCを使っている状態。
FreeBSDとは386BSDといっていた時代からの付き合い。もともとBSDベースのUNIXの上で仕事してたので、その環境が家でも使いたくて触り始めた。そのうち、時代の波に飲まれて会社のUNIXマシンも消えていき、かといって素直にWindowsマシンにすべてを移して使う気になれなかったので、FreeBSDを突っ込んで使い始めた。
いまでは、回りすべてが Windows、ちらほらLinuxなのに、僕だけFreeBSD。変わり者?

余ってたPCを拾ったので、今使ってるPC(FreeBSD4.7)の後継機にでもしようかとFreeBSD5.0Rを入れてみたのだが、最初についてたメモリが足らなくて、GNOMEを起動するのが精一杯。後は何するにもPage in/outでギコギコしてしまい、メモリを増やそうにも手持ちのDIMMでは認識してくれず増やせなかった。ちょっと本格的に使うには重過ぎる。5.0Rももう一つ不安定だったし。

ようやく、先日、メモリを追加できたので、早速、FreeBSD5.2Rを突っ込んでみた。
Boot loaderとか雰囲気変わってます。Kernel周りもデバッグ用のコードがだいぶ取り払われて心なしか軽くなったような…アプリケーションも5.2Rに合わせて、Portsから一個ずつCompileしなおし。ゼロから育てるのも結構大変だ。昔と違って日本語の環境を構築するのも楽にはなったけど、5.2でのportsは少々トンガッていているんで、日本語の環境のほうが追いついていない。バージョン違いでパッチが当たらなかったり、英語版との不整合で動きが変だったり。。。

ようやく金曜日に、日本語環境用のMozilla1.6に入れ替え、Kinput2のインラインがまともに使えるようになったし、新しすぎるmh-eを古いのに入れ替えてMH plusで日本語なMIME環境でメールがやり取りできるようになった。もう一息なんだけどねえ。メインマシンに使えるように育つまで、まだもうちょっと時間がかかりそうだ。

そんなに苦労するなら、Windowsやら、RedHat Linuxにしてrpm詰め込みで楽すれば?とよく言われるんだが、すいません、苦労してみたいんです(笑) 使いたいので入れてるんでインストールマニアってわけじゃないけどね。

|

« さて、、 | Main | 市場価値 その2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10432/154895

Listed below are links to weblogs that reference 苦労したい?:

« さて、、 | Main | 市場価値 その2 »