« January 2004 | Main | March 2004 »

February 2004

2004.02.29

クリックで救える命がある

株式会社ディー・エフ・エフが今年始めた募金システムです。巡回するアチコチのサイトに紹介がでていたり、バナーが貼ってあったりするので、どれどれどんなものだ?と見てみることにしました。

パッと見た目、イマイチどういうことをしたいがためにやり始めた事業なのかわかりづらい。が、スポンサー情報(企業様向け)を読むとこの会社が何がしたいのか(ビジネスモデル)のシステムが見えます。

ようするに企業の「企業責任活動」をPR&フィードバックがもらえるページを作りますと参加企業(スポンサー)を募り、その中からNPOに対して寄付金活動を行っている企業を紹介、その紹介記事を見た人から賛同のクリックがもらえたら、その回数を伝え、たぶんビューカウントの利用代金を貰い、その企業とタイアップしているNPOにクリック回数に比例した寄付金を渡すというシステム。
参加企業側からすると、少ない投資で企業責任をはたしてまっせとPRの場に名を連ねられるし、NPOに寄付金をしてるということも効率的にPRできる。

株式会社ディー・エフ・エフ自体が直接募金するわけではない。もちろん、クリックした側(うちら)が1銭たりとて募金するわけでもない。参加企業のページに飛んでもらうラウンチャーと投票(?)システムを用意して、飛んだ先でその企業が行ってる寄付活動のどれに募金をする(寄付したほうがいい)というのを投票してるようなものだ。
つまり募金の名の下に他とはちょっと違うクリック広告も見せる(誘う)ことが出来るWeb広告を提供し、広告代の一部を寄付しているといえる。

でもまー、なかなか面白いビジネスモデルじゃないか!!
というわけで、サイドフレームに小さいながら www.dff.jp のバナーを貼っておきました。

興味のある方は、まず、CSR ConsortiumStudy CSRでCSRって何?を読んだり、募金ページの下のほうにある 「スポンサー情報(企業様向け)」のリンク辺りを辿ってビジネスモデルを理解してから、どうするか考えてみてくださいまし。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

雪牡丹

富山県高岡市のお菓子です。いとこが結婚したんで、お祝い返しに届きました。

オヤジの生まれ故郷である富山に遊びに行くと必ずかって帰る1品の中尾清月堂 「雪牡丹」です。
直径4cmの黄身餡団子にごくごく薄い酒饅頭皮、表面にグラニュー糖がまぶしてある、ふわふわモクモク極甘のむちゃくちゃ美味しい紅白饅頭です。富山市のページの特産物、お菓子の項目にも代表的な饅頭として紹介されてます。
機会があったら、ぜひとも食べてみてくれぃ。

欠点は…賞味期限がとっても短いところ。地の和菓子だから窒素封入なんかしてない。冬は饅頭皮がすぐかさかさに乾き、夏はグラニュー糖が湿気で溶けてべしょべしょに。。4日~5日しか持ちません。だからお土産に買って帰ったら、即食べてもらわねばならないため、結構、人気はあるのですけどお使い物になかなか使えないとこです。
渡して今日明日中に食えというのもねえ(^^;

yukibotan.jpg
高岡地域地場産業センター

| | Comments (0) | TrackBack (0)

デ・ジャ・ヴの謎解ける

外かんのできる街で: 女優若村麻由美のお相手は…

あのニュースを見てから、ずーっと心に引っかかるデ・ジャ・ヴな感覚。
やっとその謎が解けました!!! ありがとう>さとしす

(久々に画面に向かって吹いちゃって、しばし腹抱えて悶絶したぞ。。。
それが失礼なことだとは重々承知してますです。はい。。)

| | Comments (4) | TrackBack (0)

今日は2月29日

ここんとこ多かったお客さんからの問い合わせ。

お客様:「おたくの機材は、今年はちゃんと閏年として動作することを確認されてますか?」

うむぅ、うちで扱ってる機材って単純明快、4で割り切れたら閏年としか実装してないのがごろごろしてるんじゃないかな(笑)
前にも書いたが、これで外れる例外の年は、2100年までやってきません。というわけで、

「この先、2100年の閏年は保証できません。そのまえに2036年と2038年と閏年とは別の問題がありますが、そのまえにうちの機材がそのままその年を迎えられるかどうかの保証もしかねます」
と答えたりしてる。

2036年まであと30年ちょい。果たして僕は生きてその日を迎えてるでしょうか(^^)

Nikkei BizTech: 2000年問題以外の「コンピューター誤動作危険日」関連サイト

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2004.02.28

牛丼の次は?

大騒動のうちにしばし目の前からなくなった牛丼屋の牛丼ですが、このまま子どもの喧嘩が続くと、さて次の騒動は焼肉屋の牛タン消滅でしょうか?これもまたそろそろ尽きる頃だと思われます。
国内流通の牛タンは、70%以上を米国牛に頼っており、なんとまータンを食べない米国内食肉処理3500万頭のうち7割の2400万頭分のタンを日本人が食べてるようですな。
どうやら3月いっぱいの在庫量らしい。またマスコミで煽って煽って煽りまくって惜しまれつつ仙台で最後の一口を食べる人をカメラで映すんでしょうか? (莫迦みたい)
如何に自給率が低いか、低いなら低いなりに何をしなきゃいけないのか?
その問題を煽って欲しいなあ。人の口元ばかりを追いかけてないでさ>マスコミ
ポストハーベスト農薬や野菜の許可外の残留農薬しかり、遺伝子組み換え農作物しかり、いつも後手後手、縦割り経済産業省と農水省、国民の健康は後回しの労働厚生省。バレるまでは商社の経済理由を優先。一次産業には補償金ばら撒いてごまかして体力を削いでしまうし。。。
いっぱいネタは転がってるはずですぜ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

PC-9801? 触ったこともないや

外かんのできる街で: 蘇る98伝説

使ったことはあるけど買ったことなかったな98

そういや、PC-9801って買ったことないどころか、ほとんど触ったことがないのです。

在学当時、FM-8のユーザーだった。入り浸っていた研究室には、バラック仕立てのDECのLSI-11/23というミニコンがあり、リムーバブルのドデカイ20MBのHDDと8"FDD、確かRT-11というOSが走っていた。
BASICか機械語、OSといってもせいぜいCP/Mしかしらなかった僕にとってミニコンの本格的なOSは衝撃的だった。
卒研をはじめるころ、隣の研究室にPC-9801と8"FDDのセットが入ってゴソガサやってるのをへえこれがそうかと見せてもらったけど、あまり興味がわかなかった。正直言ってあまりに陳腐に映ったのだ。

それからずっと、PC-9801は僕にとって50万も払ってまで手に入れようだなんて思いたくもない存在だった。まあ、恵まれていたといえばそうなんだけど;)
会社に入って目の前にあったのは、PDP-11とRSX-11M。まもなくVAX8200&VMSにリプレースとなったとき、ほとんどこのVAXを独り占めに(笑)
この頃、世はPC-9801全盛期。が、VAX独り占めの魅力に敵うわけもなく、さらにちょうどその頃始まっていた社内の草の根的なLAN接続、Internet接続に引きずり込まれていき、そのまま仕事的にもUNIXにどっぷり浸り、久しぶりに家用にPCを買ったとき、PC-9801は斜陽、もうDOS/Vの時代、今日に至るわけです。

マイコンな時代からどっぷり染まってる割には、日本の代表的PCであるPC-9801に全く無関係に四半世紀過ごしてきたというのもある意味、不思議なもんだ。僕の周りの人らがPC-9801とかその互換機を買いこんで遊んだという話に盛り上がる中、ちょっと仲間はずれ感が…(^^)なんともいえないな。
(この天邪鬼めが)

| | Comments (4) | TrackBack (1)

トマトのちから その後

そろそろ飛散量のピークが始まるちょこっと暖かくなってくるこの時期、不意に目が痒くなって真っ赤、つつーっと鼻水、しばし連発のくしゃみ、どちらかというと軽症のほうらしいが、それでもキツイ日々が5月連休前まで続きます。

トマトのちから、ちょうど飲み続けて1ヶ月経ちました。
いまのところ、まだひどい花粉症の症状はでてません。目がむずむずする程度なので、出かけに注す抗アレルギー剤入り目薬だけですんでます。

これがトマトのちからのおかげなのか、今年はあまり花粉に出会ってないのかは、例年と違う環境(今年は少ない&もともと飛散量の少ない地域に引っ越した)なので全く比較になりません。
ただ、いまのところ毎年お世話になってるお出かけ(?)マスクもしてないし、抗アレルギー剤は飲んでませんから、多少は、症状軽減の効き目があるのかも?!となんとなく飲み続けてます。

ヨーグルトなどの乳酸菌も最近騒がれてますが、ヨーグルトは大好きなので騒がれる前から毎朝のように食べてますけど、しっかり花粉症です。(笑)

というわけで、あんまり巷で流行る話を信じてるほうではありません。もうすぐどかーんと症状が襲ってくるかもしれません。毎年、大きいのは突然来るのでなんともわかりません。今年の結果がわかるのは、少なくとも来月末、ピークが過ぎてからですね。。。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2004.02.26

蘇るPC-9801伝説

アナタのデスクトップに“PC-9801”が蘇る『月刊アスキー別冊 蘇るPC-9801伝説 永久保存版』3月18日発売

一部のエロゲーファンには待望のPC-9801エミュレータ付きのMOOKが発売されるようです。

ちなみに僕は、PC-9801に全く無関係にいままで来てるので、なんの郷愁もありませんけど、今のPCならあのころの16MHz 386な環境をエミュレートしても、莫迦速いでしょう。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

海の博物館から…

asahi.com : 北朝鮮の工作船、横浜の海保施設へ移動

お台場の海の科学館に展示されていた工作船は横浜の海上保安庁の施設での公開となって、今日、その施設へ移動です。

あと、これまた海の科学館の顔というべき正面玄関前にあった二式大艇も今、解体作業が進められており、今月いっぱいで姿を消します。
二式大艇は、鹿児島の海上自衛隊鹿屋航空基地に譲渡されました。現存する二式大艇としては最後の1機となり、基地内で大事に保管されることとなったそうです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.02.23

環状道路

ちまたで流行ってる ロード・オブ・ザ・リング でもさぁ
邦題って、罪作りだよね(^^; ここのページでも話題にしてる。

うちのカミサンは、 Road of the Ring 「指輪の道」だとおもってたらしい。
僕の友人は、環状道路みたいだ思っていて、はたと間違いに気がつき、
Load of the Ring 「指輪の重荷」と。。さらに間違ってたりする。(^^;;;
(まあ、この友人は「ファインディング・ニモ」を「ファイティング・ニモ」だと思っていたようであるが。。。)

正確には、
Amazon.com
でも飛んで原題をちゃんとみてみれば判るけど、
The Lord of the Rings
ですね。直訳すると「指輪の君主(神)」かな。しかも指輪は複数形。
「指輪物語」という言葉で、Ringsを複数の指輪かと思ってしまうけど、出てくる指輪は1個。
ということは、実は指輪を指してる Ring ではなく、徒党のほうのRings、登場する種族たちの環を束ねての統治する者、あの物語の世界を治める君主という意味のほうがしっくりくるかもしれない。

僕も数々の失敗をしてるが、ここまで流行っててこれだもんなあ。
ちなみに僕は2本ともまだ観てません。
3本目のDVDがでたときにでも、コンプリートボックスで手に入れようとカミサンが目論んでるようなので、そのときにでもいっしょに観られればいいやと(^^)

(追記)
映画の中で出てくる指輪は1つですが、原作では5つあるそうです。
でも、種族たちの支配する者と考えたのは、遠くなかったみたい。

| | Comments (3) | TrackBack (2)

2004.02.22

タワー

梅の花を撮りたかったのだが、携帯のカメラじゃ東京タワーしか写らない…040222_1732.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

雛飾り

居間の棚の前を片付けて、今年は2月中に飾れました。

hina2004.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

教材だけ?

asahi.com : 教材開発に塾のノウハウ 埼玉教委が小4、5の国算用に

いやあのですね。塾のノウハウは商業的にすごいスピードでフィードバックを繰り返し洗練されてるのはよく判る。教材も講師も教室のシステムも。でもそれは、何らかの目的(受験とか)に合わせて効率的に問題をこなす事に特化されているものだろう。

でさ、うまいことその「教材だけ」でも公立小学校に云々できたとして、結局、教える教師自体はどうするのさ。生徒に対する細かなフォローのシステムはどうするのさ。40人クラスのままでいいわけ?補習ってことは進行別クラスをやってくれるの?
「教師だけで作るとマンネリ化する」って、マンネリ化しちゃう教師ほう、教え切れてない根本的な原因はほったらかし?

「県教委は塾のほか、民間の教育研究所、NPO(非営利組織)、保護者ら約20人で構成する研究推進委員会を立ち上げ」とあるので、教育委員会の独りよがりにはならないから少しは期待できるのかなあ。どうだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.02.21

200個目の記事

これがアップロードした200個目の記事になります。
もうすぐ2ヵ月、3記事/日ってとこか、よくもまあ書いたもんだ。
カウンターも明日には12,000になってることでしょう。
コメントも200を超えてます。
(自分で書いてる分がはいってるから、もらった数は半分くらいか)
ありがとうございます。
まだしばらくは飽きずに続けられそうです。(^^)

#しかし、本家の日記が止まったままだわさ。。
#そろそろ更新せねば。。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

夏休みの宿題

ひとくちメモ: サマワから逃げ切ったボク
サマワ(サマーク)から逃げ切っていた ポップンポール氏の記事を読み、おもわずコメントに「おおぉぉ 同士!」と叫んでしまった(笑) 夏休みの宿題を無視しまくったという人に初めて出合ったんだもん。

僕時代の夏休みの課題というと、毎日の天気込で日誌を書く「夏休みの友」と1,2ページ/日分の分厚いドリル帳数冊、課題図書とかの読書感想文、自由研究か工作物or絵が1点、任意提出だったとおもうがポスターとか標語などの公募作品ってとこだったかな。

小学校の高学年から中学3年間、日誌と夏休みのドリルを全然やらずに毎年9月1日を毎年迎えて、提出しないかほとんどマッサラのままに提出していた。最初のうちは先生も提出しろと迫るが、9月を逃げ切れば時効。(^^)v
と、人にいうと当然のことながら、皆、呆れ返る。中には自分は最後の一週間缶詰でつらい思いをして毎年仕上げたのにと、問い詰められたりもする(苦笑)

まあ、もともと毎日コツコツ勉強をするタイプではない。手渡された長大なドリルを見ただけでやる気がうせ、そのままほったらかしとなる。何でせっかくの長期の休みを潰してまで与えられた復習勉強をせねばならんのだ?ドリルを解きまくってもほっといても所詮復習じゃん、なんか全然お得感がない。その無意味が追い討ちをかける。
意図はわからんでもない、遊びほうけてないで学習する姿勢を維持させたいってことだ。すでに小生意気なガキだった僕は、そんなの必要ないじゃんと開き直ってヘラヘラしていた。(つくづく嫌なガキだ)

じゃあ、夏休みは、だらだら過ごしていたかというと、そうでもなかった(と思う)
図書館に入り浸って本を読み漁ってたり(一説にはエアコンが家になかったので涼みに行ってただけという話もあるが)、ちゃんと学校には許可を得て、中学1、2年のときは親の知り合いの店で土日なくアルバイトしてたりもした。
結構、なにかをあれこれやってたなあ。学校というものからしばし離れ、違う空間を楽しんでたのかもしれない。

さて、こんな親の娘はというと、、、地域の違いもあるらしいが、夏休みの宿題らしいものが最初からぜーんぜん出ないのだ。せいぜい絵日記・観察日記2ページと1ページ程度の自由研究レポート、任意提出の公募作品とかを1品程度。すばらしい!夏休みはこうでなくっちゃ(^^)

最近の指導要領ではプレゼンテーションというのが入ってるらしく、やってきた自由研究をみんなの前で一人一人、5分10分くらいの枠で発表するのだな。これは人の前でしゃべるの苦手な人には結構きついかもなあ。娘は度胸一発ぶっつけ本番でこなすの得意なので楽しんじゃってるみたいだ(^^;

調べ物にはインターネット。昔、みなを苦しめていたらしい夏休み中の天気も後から調べられるし、今年、娘が自由研究発表の資料をシャチを調べてたのもインターネット。便利な世の中になったものだ。

一応、「宿題があるならやっときな」と娘には言うけど、「やりたくなければやらなくてもいいよ。先生にやってませんっていいなよな」と付け足す。宿題やらなくて困るのは自分。親じゃない。でもやっぱりさ、長い期間、自由に使える時間が得られるんだから楽しまなくっちゃ!

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2004.02.20

そろばん敗北

こすもす: そろばんの復活?

長くなるんで、トラックバック。

うちの娘は、そらもう親が頭抱えるほどの算数オチコボレ。小学3年生も終わろうとするのに、いまだに繰り上がりのある足し算をしょっちゅう間違える。

見てると、どうも演算方法を丸覚えしようとしているフシがある。まあ、記憶力がとてつもなくあれば、すべての計算方法を覚えちゃえばいいだけなのだが、残念ながらそこまでの記憶力もはなさそうだ。(^^;

つまりどういうことかというと、繰り上がり、繰り下がりのある足し算、引き算は、足し算しながら引き算したり、引き算しながら足し算する複合技が必要で、これを丸ごと覚えようとして破綻しているのだ。
演算方法も要素要素を論理的にばらして覚えればそれぞれは、大したことがないはずなのに、複合技そのものを丸覚えしようとするがために違う数字が出てきり、2桁のおよぶ繰り上がり繰り下がりがあっただけでもう頭の中がとっ散らかるのだ。

10+10は?「うーんと、20」と答えるくせに、つぎに10円と10円でと聞くと平気で「12円」と答えたりするのだ。。。(- -;
10+10= と、 十円と十円でと、10cmに10cm足すのと、1時10分の10分後とか、10リットルに10リットル足すとか、どうやら娘の頭の中では全部違う事象と捉えられてるらしい。1000mは1Km、では3000mは何Kmという問いにも怪しい(^^; 1000=1K と覚えるが、3000=3Kは覚えてないので答えに窮するのだ。
九九も6、7、8の段が怪しく、まあ全部覚えんでも覚えてる前後の数字に6の段なら6ずつ足せば答えがでるから詰まったらそうすればいいのに、それすら頭の中で足せずに悩んでしまっている。これもまた丸覚えしきれないことから起こること。

四則演算って、どんな計算も、演算ばらせば1桁分のキャリーつき10進加減算機に何回通すかだけなんだよね。その演算を論理に合わせて頭の中で使いまわしているだけ。
そう、論理のほうを覚えたほうが、そりゃ丸覚えの答えをもってくるより演算速度は遅くなるが、効率的におつむの容量を使えるというものだ。

そろばんは、これの究極をいくもんだよね。
どんなにいっぱいの桁同士の四則演算をやらそうにも、そろばんは基本的には足し算引き算を1桁ずつ順にしかしない。その結果をレジスタであるそろばんの珠に覚えさせておくだけなのだ。するとあら不思議答えがそろばんの上に残る。

じゃー、うちの娘にも論理的な演算の練習にそろばんでもと、以前思ったことがあったさ。
が!その1桁の足し算引き算がまともに暗算出来ない、それどころか5の固まりと概念そのものも頭捻ってしまう娘の前には。。。みごとに敗北しましたさ。(苦笑)

娘の算数オチコボレのもっと根本的な原因は。。。それは文章で論理的に考えることができないということ。論理を頭の中で分解するには文章力が必要で、それが娘に足らないからぼろぼろなのだということには気がついている。
娘の文章力・読解力も頭を抱えるほどひどい。国語もオチコボレ。
算数には論理を理解するための読解力、論理を組み立てるための文章力が大きくかかわっている。そう、算数オチコボレをなんとかするには、まずは国語オチコボレのほうをなんとかせねばならんのだ。
つうわけで、本を徐々に長い文章のものを読まそうと一生懸命やってるんだが、、まだ成果がでないなあ。いまはまだ娘のほうも勉強やる気があるのが唯一の救いだ。追い詰めないようにゆっくり根気よく続けるしかないか。

最近の中高生の数学が大嫌いというのも、じつは「ちょー」だの「やばくなぁーい?」と語彙の足らん会話しか出来ないところ、そう、言語が足らないというか文章作成能力のなさすぎるのが原因じゃないかな。論理を自分の言葉で分解できず、教わるままに丸暗記。それこそ分けも判らず丸暗記。そりゃーすぐパンクするがな。覚えきれずに点数取れない、嫌いになる。
それにはやっぱり、本をいっぱい読むしかないんだろうなあ。

| | Comments (7) | TrackBack (1)

HiKi

今日も今日とて現実逃避行動(んなことしてるなら早く帰ればいいのに)
RubyでのWiKiエンジンHiKiをいれてみる。MovableTypeのとき同様、apacheの設定に慣れてないので、httpd.confの設定にちょっと悩んだけど、さくっと無事に動作。
最初から日本語が通るのはいいんだが、海外の人にも開放するから英語版に切り替えないといけない。ざっと眺め回したら、hikiconfig.rbのなかの最後にある言語設定をenに切り替えればいいだけのようだ。と、ビンゴ(^^)
メニューも無事に英語版に。
あとは中身を充実せねばなあ、、、そっちのほうが大変だ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.02.19

おひな様をどこに飾ろう

そろそろ雛飾りを出す時期です。が、去年も3月になってから出していた我が家(^^; (おいおい)今週末には飾り付けしたいなあ。

我が家のは、木目込み人形です。もとはお内裏雛の2体のみだったんです。
お顔の可愛らしさにカミサンと二人して一目惚れ。買いにいった人形店に同じデザインで三人官女、五人囃子とのセットもあったことから、じゃあ、三人官女のみ追加の組み合わせもできるか?と聞いたらOKというので、その組み合わせを作ってもらったものです。ぎりぎり予算から足出ちゃいました…

さて、今年は飾るところが問題です。前の家では居間にローチェストがあって、それを台にして組んでましたが、引越しのときにそのローチェストは捨ててしまったため、今年は居間に台になりそうなものがありません。思案中です…


| | Comments (2) | TrackBack (0)

MovableType

仕事が忙しいと忙しいほど、現実逃避したくなるんですよね。
というわけで、社内の情報伝達用にblogを使いのも面白そうだとMovableTypeというblogツールを自分の机の上のマシンに入れ始めちゃったりしてます。
元ネタは、SoftwareDesign 2003年 8月号の記事。
設定変更はコマコマ載ってるが、各要素のインストールについて、あまり詳しくは載ってなかったりするので、ちょいと手間取ったけど、後はあっさりと取りあえず試しに動作させるところまでは出来た。
つぎはWiKiを試すかな。どのモジュールが扱いやすいだろう。同じ8月号に載ってた HiKi (Ruby版軽量WiKi)でも入れてみるかな。

エンジニアリング情報をうまいこと各地のエンジニアと共有するためのポータルページが作ってみたいんですわ。まあ、部門の技術情報ページみたいのはあることはあるんだけど、基本的に管理人がウェブページをしこしこ作っての情報発信のみなんだよね。
でも、それだとタイムリーに情報載せるのも管理人任せで時間かかるし、見てる人も欲しい情報をリクエストするのも難しいし、発信側の人は知らなくて返答できないが、実は他の地域の人が経験済みで情報持ってたりすることってよくあること。 メーリングリストという手もあるけど、あれはあれで、ウザイ。そこでblogやWiKiというツールを使えば、疎でもなく密でもないKnowledge ページが作れるのではかと(つーか、そのために生まれてきたツールだ)、こそこそやり始めてるところ。
実際のところ、FAQなことをあちこちから電話やメールで聞かれる(しかも思いっきり苦手の英語)のが嫌だから、FAQページ作って、しかも自分が更新せずとも他人もそこに情報が載せられるようにして、そこ見ろよで終わらせたいというのが本音だったりする。(^^;
うまいこと動くようなら、サーバのほうに移して運用できるところまで持って行きたいけど、はて、いつになるかな。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.02.17

トマトのちから その3

なぜか、セブンイレブンで60錠入り900円が1割引(2/22まで)というキャンペーンをやってます。
通販が180錠2500円+送料350円(2袋買えば送料只だけど。。。)ですから、もともとコンビニで手に入れるのが一番安いわけですが、これはさらに安くなります。
てなわけで、店にあった残り2瓶をお買い上げ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

10000カウント

10000カウント、突破いたしました。
このところ、検索エンジンから飛んでくるキーワードのダントツが「医療報酬改定」と定番「かいけつゾロリ」でございます。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

安く叩き売ってるのはあんたらでしょうに

asahi.com : 海外生産の邦楽CD、国内への還流禁止

えー、禁止になるの?このニュース見てすごく不条理に感じる。

日本のレーベル会社が海外に安く売ることをライセンスしてじゃんじゃん売っておいて、それが高値安定を崩される日本には著作権侵害だから入れてくれるなというのだ。

ちょっとまて、アーティストの著作物を安くたたき売りしてるのは、版権会社の自分たちじゃないの?すでにアーティスト側は安く叩き売られた時点で損してないか?でも、版権会社が損するのは断固反対ってか。なんかへんだ。

海賊版ならわかる。それは著作者に一銭もはいらないから損害を与えている。
でもこれは自家中毒だ。自分で自分の首を絞められるのが嫌だから国に助けてもらうってだけ。

やっぱり、国内のCD(再販制度もどき)の高値吊り上げを維持しようというのは、もう無理がある。消費者側はみんなわかってるのに…日本の楽曲販売は高すぎるって。それなのにまだ旧来のインフラにしがみついて意地になるか。ますます買ってもらえなくなるぞ。
それでいいのか?>日本のレーベル会社

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.02.16

火傷するぞ

こすもす: パンとスープのお昼
を見て、思いだした。

最近TVCMで、Soup Stock Tokyoの缶詰CMが流れてるけど、途中でオネーサンが 寸胴のスープにお玉つっこみ、そのお玉から直接味見しようとするシーンがあるのだ、が、、、行儀悪くて絵が汚い!、そもそもそんな莫迦なことしたら火傷せんか? と見るたびに突っ込みたくなる。

じじむさい?

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2004.02.15

豚丼レシピ その2

今夜の夕飯は、レシピを参考にしての豚丼、いただきました。(-||-)
とてもおいしゅうございました。
欲を言えば、ロースよりバラ薄切りのほうが柔らかでいいかも。さらにタレは甘めでさらにだいぶ煮ツメをしたほうが肉とご飯に対してインパクトが出ると思われます。

butadon.jpg

ぶつぶつぶろぐ: 豚丼レシピ

| | Comments (2) | TrackBack (1)

ダチョー

今日、ふと駅でもらったパンフレットをみて気がついた。
JR東日本のCMに出てくるのは、ダチョウじゃなくて『ダチョー』だった。

ぶつぶつぶろぐ: ダチョウ

| | Comments (2) | TrackBack (0)

研修医半減

asahi.com : MYTOWN : 千葉: 新制度で研修医半減 千葉大病院で

朝日新聞の千葉版で臨床研修義務付けでなんで大学病院の医局から派遣されていた医師たちが引き上げざる得なくなったかという大学側の話がでていた。

なるほど、より自由な研修先を選択できるようになったために、都会で設備もよく満遍なく研修でき、給料もよさげで自分の都合が通り易そうな民間総合病院に人気が集中。制度も変わったために大学病院で下働き的な研修医いなくなり、人気がなくて研修医が定員割れ、指導官の確保とあいまってひどい人員不足に陥り、引き上げざるえなくなったと。

2年後、研修の終わった医師が地方の病院にいくとは思えないしな。人気のない科目に進むとも思えないしな。やっぱり、いまから人気がない科目におまけを用意するシステムを組んでいかないと間に合いませんねえ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

迷惑な奴に律儀に返事せんでも。。

asahi.com : 迷惑メール、対応にご用心

広告やら変な誘いの迷惑メールに書かれてる「登録をはずして欲しくば、返信せよ」とか「URLにアクセスせよ」というのを真に受けて、返事をしてしまう人が4人に1人もいるとは。。
割合の多さにあきれ返ってしまった。
迷惑かけられてるのに、またわざわざそれに対して、莫迦正直というか、律儀にするにもほどがあるぞ。
こういう人のまた何割かは、どこぞの誰かに貰った謎の添付ファイルを実行しちゃうんだろうなあ。
昔の人だって、電話の向こうに物の怪がいるかもと魔よけの呪文「もうしもうし」を唱えてから電話に出たもんだぞ。すこしは疑えよ。


| | Comments (2) | TrackBack (0)

桜が咲き始める

稲毛海岸駅そばの河津桜が咲き始めました。
どんどん春がやってきます。

sakura2004a.jpgsakura2004b.jpg

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2004.02.14

トマトのちから その2

花粉症の症状を軽減するという「トマトのちから」を飲み始めてそろそろ2週間経つけれど、効果はさっぱりわかりません。
今年は、花粉の飛散量が少ないこともあるし、瘴気の濃い神奈川の山の中から関東の中でも比較的飛散量の少ない千葉の湾岸に移り住んだこともあり、また今年は冷夏の影響で少なめと言う年ですので、例年との比較になりません。
とはいえ、毎年この時期にはアレジオンという抗アレルギー剤を飲み、目薬差しまくりでいても、目が受粉で真っ赤に充血して、しぶしぶ。家に帰ってくしゃみがしばらく止まらない。
それが、今年はまだ抗アレルギー剤を飲んでおらず、トマトのちからのみで過ごしてますけど、目が渋いことは渋いが、充血するところまではいってない。目薬も朝出かけに差す程度ですんでいる。
これはトマトのちからなのか、それともまだ花粉が身の回りに飛んでないせいなのか。。。今日、春一番が吹いたので、これから花粉が本格化するはず、もうすこし様子を見ないと判らないや。

ぶつぶつぶろぐ: トマトのちから

| | Comments (0) | TrackBack (0)

春一番?

昼くらいから強い南風。
春一番かなあ。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

9000カウント

さてと、もう一息で10000ですな。。
相変わらず、かいけつゾロリがダントツでございます。
割り込んできたのが、トマトのちから。 現在2位でございます。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

台湾式?!

カミサンが仕事から帰ってきました。

カ:「あれ?! きれいだね。誰の?」
私:「あなたの」
カ:「なんで?」
私:「バレンタインだから」
カ:「…… あ、台湾式ってやつ?
っていうことは、花と一緒に(高価な)プレゼントもあるの?
どこどこどこどこどこどこどこ!」
私:「はぁ? 花だけだよ! (-"-#」

Lady's Information Network: バレンタイン in Asia

Radio Taiwan International: 台湾のバレンタインデーをレビュー!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

豚丼レシピ

jikka * day by day: 『豚丼』もええでぇ<その2>

豚丼のレシピみつけ!メモ的リンク。

世の中、今度は豚丼が品切れだと店員とひと騒動起こしてるみたい。
しかしなー、そこまで騒ぐというかニュースにする必要があるんか甚だ疑問。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

実践、実践

近くの花屋でアレンジメントを頼んでみました。
仕事から帰ってきたカミサンのリアクションはいかに?
040214_1209.jpg


ぶつぶつぶろぐ: バレンタイン

| | Comments (2) | TrackBack (0)

診療報酬改定

asahi.com : 診療報酬改定、小児・精神医療に手厚く

報酬を引き上げる主な項目のうち、専門医の不足が問題となっている小児医療では、6歳未満の子どもを時間外に診療する場合、報酬加算額を拡大。初診で現行の1020円が1150円に、再診で570円が700円になる。小児科の看板を掲げる医療機関に対しては、もともと夜間・休日を診療時間にしていても新たに時間外加算(850~4800円)を認める。

少しは小児科を手厚く報酬を受け取れるようにするようだ。手間の割には点数が低く、小児科をやめる病院も多く、すると残ったところに集中し、そこの医者も過労と赤字でやめていくという悪循環。この改定が、その悪循環を断ち切る改定になるのか、医療関係者じゃない僕にはよく判らない。
医者だって商売だ。食っていかなきゃならない。人の命を預かるんだ、すこしは肉体的精神的余裕も必要だろう。小児科を開業すれば精神論以外でイイことがあるように誘導するのが役人の役目なんだが。。。そうことにいちばん疎い人々だからなあ、お役人は。

小児の医療報酬を増やすということは、すなわち親の負担も増えるということだ。単純に儲かるように報酬を上げればいいってもんじゃないだろう。時間外加算に幅があるのも気になる。小児医療費を補助してくれる制度があることにはあるが、これがもう自治体によって色々で、就学前までだけだったり、親の収入制限があったり、さらに特幼といわれる幼児特定疾患にかかわる助成金も別制度としてあったりする。このへんってせめて義務教育が終わる期間まで国で一定レベルの医療費補助をしてもらえないものかな。1自治体で負担するには地域差がありすぎる。

憂いといえば、
こすもす: 小児科の危機でも心配されているように、医師の派遣取り止めで特に小児科が危機的状態であること。やっと少ない小児科医院の夜間輪番制を組めたと思ったら、小児科医がいなくなって輪番制を取れなくなってしまった地方自治体もあるようだ。
それほどに地方の医師確保が大学病院の医局制度べったり寄付金次第だったというのも何を言わんかやだが。。。

新人の臨床研修義務付けたら医師引き上げに何故繋がるのかよくわからんのだが、それって新人を監督する指導教官となる医者が今までいなかったってこと?

現場で医療従事をしてる人も医療を受ける人ももすこし幸せになれる方法ってないもんかな。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

2004.02.12

バレンタイン

カルフールのバレンタイン

ここのが聖バレンタイン(バレンチノ)のことが平たく書いてあってわかりやすいようですので、リンクをば。

要するに由来を考えれば、男女どっちからでも告白してもいいわけで、チョコレートの話だけが先行してしまって、主に女性からとしちゃってるのは日本だけっぽいともいえる。

昔は女性から告白するというのは、口はばったいこととされてたこともあるんで、みんなで渡れば恐くない的な解禁日という意味合いは、当時、なかなかのナイスアイディアともいえるかも。

で、いまはどっちかと言うと男性側の方がガイジンのように、日々、「愛してるよ」とか、(特に奥さんに)コッパズカシクテいわない。
ちょうどええやん、家庭平和(笑)のためにも世の中の策略にのって、んな1ヶ月後といわず、今週末。花の一輪でも贈ってみるのもいいのでは?

ちなみに義理ではなく、本命チョコや花のみね。

営業活動(?)の一環というなら止めないけど(^^;
どうしてもというなら、出張のおみやげ同様にどっかにどかっとまとめておいて、「御自由にお持ちください」形式ならいいかな...

| | Comments (2) | TrackBack (0)

今日のザウス

急ピッチで進められてるザウス解体。脚の上の構造物ももう残り僅かです。040212_0902.jpg

| | Comments (5) | TrackBack (2)

2004.02.11

校内の宗教活動禁止

@nifty:NEWS@nifty:仏下院、スカーフ禁止法案可決(共同通信)

なぜか不思議なことにメジャーな新聞社のWebになかなか載らなかったのだ。朝1番のニュースだったのに。夕刊休刊日だったから?朝日新聞もさっき掲載された。

この法案のニュース、スカーフをクローズアップした題名になってるけど、ようは公然と自分の宗旨を表現する服装を公立学校ではしてくれるなというもの。イスラム教徒のスカーフはもちろん、ユダヤ教徒の帽子も。あからさまに見えなければいいわけで、服の中にダビデの星をつけてるとか、コーランを持ち歩くとか、数珠をつけてるとかはOKだとか。
身なり格好立ち振る舞いを教えの通りにするというのが信心の証、規範(ノルム)としている宗教、信者にとって、これはきつい法律だ。宗教弾圧ととらえられて大騒ぎになりそうだ。というか、もうなってるか。

ま、公立校内での宗教活動を禁止するというのが目的だから、ある種の弾圧であることは確かだ。これからどう発展していくのかちょっと目が離せなくなってる。

はて、振り返って日本の公立校はどうだろう。
うーん、制服があるようなとこじゃほぼ宗教的な格好をして学校に行くの不可能だな。(^^; 男の子に丸刈りを(暗黙に)強要する学校もあるぞ(^^;;
学校内という独特な宗教観による規範のほうが生徒の宗教心を凌駕しそうだ。それはそれでなんか恐ろしいな。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

8000カウント

怒涛の投稿が効いたのか、すっと8000カウント過ぎました。
飛んでくるリンク元もサーチエンジンを除くと、blogサイトにあるリンクを辿ってこられる方より、ココログトップページの新着記事のところからこられる方が多いようですから、投稿しまくると僕のところは露出も多くなるみたい。
サーチエンジンから飛んでこられる方は約半数強。90%は一見さん、ほとんど呆れて二度と来ていただけてない…(^^;
そーだろうなあ。。。 もう少し突っ込んで頂けるよう精進するかなあ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

カラオケマシーン "B-kara"

まえの記事にでてきたカラオケ屋のマシンはこいつです。すばらしいです。ってなにが?
いままで自分の好きな曲、カラオケにあった試しがなかったのですが、こいつにはありました。森川美穂も久々熱唱しちゃったぞ。
配信会社のBMBが持ってるコンテンツがかなり多いこともそうですが、なんか偏ってる気もします(笑)
どこにというと、、、アニソン(特撮・アニメソング)が異様に多い!しかも結構濃い(爆)
ああ、こんなのもあんなのも…今までカラオケで選曲できなかったものがいっぱい…ううぅるる
(すいません。アニソン好きなんです、僕。しかも懐アニが。。。)
よし、次行くときは、懐アニ歌いまくっちゃる!
今のうちに何があるかじっくり検索しておくのもいいかな。。。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

カラオケ採点機に好かれる

このところしばらく友人らとカラオケに行ってなかったのだが、先週、久しぶりにいつものメンバーといつものカラオケ屋に。
メンバーは僕ともう2人。一昨年くらいからのカラオケ仲間だ。で、2人は誰がどー聞いても僕よりかなり上手い。一人はとてもカッコいい、華がある歌い方をする。もう一人の高音の伸びがすばらしい。二人でハモッて歌うと、はぁいいなあと思うばかり。
で、僕のは誰がどう聞いても上手とはいえず、ただ淡々と無難にどっちかつーと面白みなく華もない感じ。
楽器扱えないし、そもそも楽譜読めないし、リズム感もあまりいいほうじゃない、幸い、耳ふさがれるほどの音痴じゃないってだけだ。

でもって、毎回カラオケセットの採点機能をONにして何点出るだろうと遊ぶのだ。

この日も高音伸びの1人と高得点勝負。彼が94点を出したところへ、僕も94点つづけて95点。彼も95点でタイ。最後の最後で僕が97点出してまた最高点でした。。。(ちなみに我夢:恋はかげろうでした)
このメンバーで本日の最高点をゲットして帰るのは、なぜかいつも僕。採点機をONにするようになってからまだ無敗、誰も納得いかないままにもう10回近く連勝が続いている。なんででしょうね?

はっきり言って、僕のはただ単に採点機君に好かれてるだけといえる。
「点数が高い=上手」 というのは嘘だということがよく判る実例でしかない。

というわけで、採点機に好かれるポイントはつぎのようなところではと推測しているけど…

(1) 唱歌のように歌う
音をはっきりとる感じが採点機君の琴線にピピッと触れると思われます。
(2) 軽快でシャウトっぽいほうが好きらしい
拍子と音をごまかせるようだ(^^; 特にアニソンは大好きらしい(僕も好き)
(3) 元歌のように歌わず、伴奏のリズムどおり歌う
ちょっと入りを遅らせたり、かっこよくビブラートすると心象を悪くするらしい

どんなもんだろう?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

MyDoomを99%ゴミ箱に叩き込む方法

あそびをせんとやうまれけむ: [Tips] スパム/ウイルスを排除するにリンクが紹介されていた方法。

あー、やってみたい。やってみたいぞ、この設定。
海外から来るすべての日本語を含まないメールを全部ゴミ箱に叩き込み、知らん顔をきめたいぞ。(;_;)
英文のお仕事メールなんか読むのもーやだー、返事書くのもっとやだー、ぐすんぐすん(駄々っ子モード)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

レコード屋御難

asahi.com : 米タワーレコード親会社、破産

とうとう大手もつぶれ始めましたね>レコード・CD店
米国ではネットでの違法流通で打撃受けた上にAmazon.comに代表されるネット販売や99セントネットダウンロード販売が軌道に乗って、わざわざ店に探しに行く人が減ったのが原因なのだろうな。
もうすぐ、日本も同じようにレコード・CD店はつぶれていくだろう。日本の場合はCCCDで自ら首を絞めつつ、売れるアーティストがこれまたいないというさらにひどい状況だからね。
街のレコード・CD店保護ともとれるネットダウンロード販売の低価格化を影でメジャーレーベル会社が阻止してるような噂も聞くけど、時間の問題だろう。

僕もこれが欲しいと目的ある場合はもう Amazon.comでポチッとな で買ってしまう。わざわざレコード・CD店に足を運ぶことはまずない。棚探すの面倒だし、棚に在庫があるかどうかも不明なのに店に行くの無駄。
これ、本を探すときも同じ。買いたい物が判ってるときはよっぽど今すぐこの手にしたいとかじゃなきゃ店に行くことがない。

これといって探すものがなく、ただフラーっと見に行くというなら、店に行く。
ふらふら棚を見て回るのはそれはそれで好き。ふと目に止まったものを手にとってパラパラ立ち読み。ほぉと買うことも多い。文庫本、雑誌類もそんな感じで買っていく。電子出版が増えてもたぶんそっちのほうが意外なものに出会えるということはそれはそれでとても楽しいに違いない。

ああそうか、これがCD店で出来ないんだよね。視聴器があったりするけど、それはあらかじめセットされたお店お勧めものばかりだ。CDはそんなに安い買い物じゃない。3000円前後。ふと買う本と比べるとかなり高価なものになる。ジャケットの雰囲気だけで買う?あまりないな。だってジャケットが欲しいのではなく中の曲が欲しいんだもん。なんで自由に視聴させる店ってほとんどないんだろう。

再販制が足かせか?どーせ、店頭に取り揃えても売れなさそうな趣味のものはネット販売で十分かもしれない。郊外の本屋のように店頭において回転のよさそうな流行り物だけ買い切りで安く仕入れ捌いていく。もっと安く売れる気軽に買ってもらえる金額のことも考えたほうがいいんじゃないのかね。
どっちにしても既存のレコード・CD店は生き残れないなあ。。。仕方ないか。市場が変わっちゃったからね。

| | Comments (3) | TrackBack (1)

「epサービス」終焉

ITmedia 世界初 蓄積型双方向放送、終焉へ

あらま、終わっちゃうんですね。
去年の夏のHDD録画付きBSデジタルチューナー(ちょっと違う)が4万円弱というキャンペーンに心が動いたもののなんとなく買わなかったのですが。。。

蓄積型というけれど、やっぱりそれを購入しようとみんなが思うような(話題になるような)コンテンツが配信できなかったことが原因ですかね。僕自身も先のキャンペーンも +epの配信自体に全然興味はなく、安いBSデジタルチューナーが買えるかもとだけしか興味わかなかったものな。

BSデジタル自体、鳴かず飛ばず。。。アテネオリンピック辺りでいまバリバリ売られている(らしい)でっかい液晶/プラズマテレビで、少しは広まるのかな?

| | Comments (1) | TrackBack (0)

秋葉原ヤマギワソフト館の火災

asahi.com : 秋葉原のソフト量販店で火災

ほとんどがプラスチックですからねえ。有毒ガスは出るわ、ものすごく火の回りも速かっただろうに、消防隊員2名に通行人1人が軽い怪我で済んだのは、奇跡的だったのだろうなあ。

この規模のビルにしてはスプリンクラーがなかったというのにちょっと驚いたが、店員が裏の整然と避難階段に誘導し、店内にいた人はすべて無事だったとか。年1回は避難訓練をやってたんでしょうね。そうじゃないと、とっさのときに、どっちに避難階段があるかも、避難階段が使える状態なのかどうかもわからんもんね。おざなりだけど、やるだけの価値はあるのね>避難訓練
秋葉原の雑居ビル、多くは避難階段とか通路までもダンボールの山で使えないとか、下手すりゃ避難階段があるとは思えんペンシルビルだらけだもんな。(^^;
いまのとこ、原因はエスカレータ下のスペースに雑多に置いた販促資材に電源コードのトラッキング現象で火がついたのではとなってるけど、あのへんの店ってみんな棚の裏はタコ足配線だらけだもんな。といっても他人事にしちゃうんだろうけど(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

米がBSE調査を終了

asahi.com : 米がBSE調査を終了

感染牛と一緒にカナダから輸入された牛の大半の所在を特定できず、感染源の飼料も分からなかったが、「感染牛以外は安全」と結論づけた。

トレーサビリティ(追跡)に関することを今まですっかりサボっていたので、同時期に同じ牧場から来た80頭はもうどこ行っちゃったかもう判りません。判らんものは判らないからこれ以上やっても無駄無駄、打ち切ります。
米国は発症国ではないから全然検査もしなくても(政治)科学的に安全です。一応、ヨイヨイ歩きの牛は食用(食用以外の処理では???)に使うなということにしてますから。これで十分でしょ? さあ、我が国の牛肉を買いなさい。

って、いわれてもねえ。。むちゃくちゃな話だよな。
まー、大統領選挙が終わるまで国内に対してエーッカッコシーに徹しないといけないので、少なくとも選挙が終わるまでこの態度は変わらんでしょう。

日本政府が求めてる全頭調査は、これまたオーバースペックというか、日本の牛肉をいまだに米国が輸入禁止にしているからそれの報復処置としか思えんしなあ。

……こりゃまだまだ続きますな。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

建国記念の日

建国記念日 - Wikipedia

今日は建国記念の日 です。
なんで、2月11日なのか、けっこう謎です。知ってる人は少ないんじゃないかな。他の国は革命や戦争で国家民族を開放した日とか、上陸した人か、
いわゆる建国された記念日ではなく、建国された日とは無関係に記念する日の意味。この記念の日の「の」が重要だったとは(笑)

もとは戦前にあった紀元節の祝日。今年は皇紀2664年にあたります。戦後、廃止されていたが、1957年、何度も廃案になりながらも「建国記念の日」として復活、1966年に日にちはどうするかで揉めに揉めて、2月11日の休日に決まったそうな。古事記と日本書紀に建武天皇が即位した日と言われる辛酉の年(BC660)1月1日、(というか、即位したから元年(元日)にしたという気もする…)いうことにしてるが、それをどう計算して2月11日したのかはよくわからないや。そもそも建武天皇の時代に細かい日にちがわかる暦を使ってるとは思えないしねえ(^^;

そもそも古事記も日本書紀も怪しいわけで、一説では都合の悪い他の歴史書は焼き捨てられたとも言われてます。

いわれがどうであろうと作為的であろうと過去の歴史がどうであろうと、日本という国を遠い昔に誰かが作り、先祖がこの地に生き、育て守り、今、日本に自分が暮らしていることについては紛れもない事実。私は素直に建国をしのび祝い、のんびり休まさせていただきます。

| | Comments (9) | TrackBack (0)

2004.02.10

コーヒーの池

布団から這い出し、寝ぼけた目をこすりながら食卓につき、ふと湯気が上がるコーヒーメーカーみてみると。。
普通ならフィルタの下にセットされてるべきはずのガラスのポットがそこにはなく、ダラダラボタボタとコーヒーが床へこぼれ落ちているではないですか!!(@_@;;;
カミサン寝ぼけて、フィルタにコーヒーの粉、水まではセットしておいて、ポットを置き忘れたらしい。
マグカップ2杯分のコーヒーは、絨毯が吸ってくれちゃいました。
はぁぁぁ。。掃除が大変そう。。
コーヒーは紅茶と違って染まらず水ではたけば落ちるのが不幸中の幸いか。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2004.02.08

かいけつゾロリ その2

今日は、ちゃんと早起き(?)してみましたぞ>かいけつゾロリ
絵本の楽しさというかあの莫迦ばかしさ、そのものでしたね。
子どもらも予定調和を楽しんでました(^^;
ほぼキャストは勢ぞろいなんだろうか?
まだだな。姫も大臣もいないし。もうちょいさきなのかな?
でも、やっぱり日曜朝7時はキツイっすね…

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.02.07

エースを狙え

寝込んでるついでに溜まってたビデオ、エースを狙えをボーっと。
なかなかキャスティングいいですね。
気になるのは、いまいちテニスの細かいところで雑なとこかな。
撮ったカットと編集の都合なんだろうけど、ポイントとサーブの側があってないとか(^^;
ま、それを気にしなければ、原作の雰囲気たっぷり楽しめる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

朗報?

携帯電話の着信履歴やらメールの履歴で不倫がばれるって多いって聞きますけど、もしかしてそういう人にも例の指紋認証付き携帯電話って朗報?(笑) これなら奥さん(恋人)にこっそり見られないってか?
でも、女性の感って鋭いから、そういう携帯電話に変えたってことだけで、ピンと来るみたいよ。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

7000カウント

気がつくと、カウンターが7000を超えてました。
忍者TOOLをいれてみて解析結果は、約半分の方が検索エンジンから飛んでこられた方でした。
検索ワードのうち3つがほぼ同数でのダントツ。
(1) ダチョウ
(2) すき焼き
(3) かいけつゾロリ
でした。うぅぅ、どれもこれも情報なしだなあ。飛んでこられた方ごめんなさい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

風邪

昨日、午前中からちょっと胃が痛いなあと予兆はあったのだが。
息子の幼稚園に先生との面談を会社を早退して出席したのだけれど、帰りの電車の中でひどい吐き気に見舞われて途中下車。吐かなかったもののしばしトイレの住人。なんとか面談の時間には間に合い、家に帰った後、そのままバタンキュー。胃痛と吐き気と微熱からの頭痛とだるさ。
そのまま、今日まで寝てました。ようやく、さっき復活って感じ。
胃腸に来る風邪が流行ってるって言うけど、それだったのかな。
久しぶりに思いっきり体調を崩した。
なんか都合いいけど、家に誰かいるっていうのはいいもんだねえとしみじみしちゃったよ。子どもらの声は頭痛に響くけど(^^;

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2004.02.06

StarSuite 7 キタ

届くのが来週くらいになるかと思っていた 1980円年間ライセンス版StarSuite7が届いてました。今週末のおもちゃとなることでしょう(^^)

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2004.02.05

OpenOffice 1.1 その2

ぶつぶつぶろぐ: OpenOffice 1.1

コメントから
satoshis:StarOfficeとどっちが出来が良いのかしらん

StarSuite(StarOffice)のベースは、OpenOfficeなので、機能的にはほぼいっしょです。ただし、有料じゃないと手に入らない他社ファイルからの互換フィルタやらフォントやらが充実してるので、どちらを勧めるかと言えば、StarSuiteのほうです。
ま、ごちゃごちゃインストールするより製品版で一気にすっきりインストールできる方がかなり楽ですし。

僕は、自分でちょいちょい使う分にはどっちでも構わないとは思いますが、よりMS Office互換を意識して使うというつもりがあるものは(人からもらったMS Officeなファイルを使い、それをMS Office相手に送り返さねばならんとか)、いまのところ OpenOfficeはViewerして止め、編集までやるというときには、PCに送り込んでMS Officeで編集するつもり。簡単なものなら、StarSuiteを使ってみるのもいいかな、ってレベルです。互換は互換でしかないですからね。編集した後、思ったとおりにMS Officeのほうで表示してくれるかどうか、判らんですから。そもそもMS自身でも互換性とれないという素晴らしいものですからね;-p

ちなみに実際、家のWindows XPなPCではまだStarSuite 6ですけど、立派にMS Officeの互換環境として使ってます。
今回、(配布元は気に入らないけど) 1980円のStarSuite 7のパッケージ版を注文してあります。来週には届くでしょう。まずはXPにいれてみる予定。
FBSDにもそのうち StarSuite7のportsができるだろうし、楽しみにしてます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

OpenOffice 1.1

1日半のコンパイル時間と数GBのディスク容量をかけて、ようやく portsからのOpenOffice 1.1のインストール完了。 なかなかイイッス。
MS Officeの添付メールをFBSDのマシンの中で見るだけなら、もうイチイチ、Windows2000のPCに送り込まんでも、OpenOfficeで十分だな。はっきり言って、MSが只で配ってるViewerより互換性が高いですぞ(笑)

| | Comments (1) | TrackBack (1)

とらばっ!

「とらばっちゃいました」
「TBありがとう」

というのを見かけると、

「転職しちゃいました」
「サンダーバードありがとう」or「テニスボーイありがとう」

に毎回見えちゃうのは。。。。(^^;;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.02.04

FreeBSD5.2

普段、会社では、XEmacsに mh-eにtmなんですわ。
で、今育ててるFreeBSD5.2の環境でメール出すと、どうしても anno がエラーになる。
でも、XEmacsの画面はそのエラーを一瞬出してすぐ消えてしまうで、???だった。

よく考えてみれば、annoを単独でうごかしゃいいんじゃん。莫迦ですね。
んで、何でだろうと早速試すと、lockができないとののたまってた。
FreeBSD4.7側だとそんなことなかったのになと、Googleで anno とlockの関係を調べると、、ありますあります、似たような症状。

NFS仕掛けているところにinboxがある場合、rpc.lockdが動いてないと lockできないとな。ほぉ、おっかしいな何で動いてないのか見てみると、あれま /etc/defaults/rc.conf みると、rpclockd_enable="NO"状態。

うーん、nfs_clients_enable="YES" だけでは、このFBSD5.2では rpc.lockdは動かしてくれなくなってるのか、無情にもコメントに NFSするなら YESにしろの文字。 ちゃんと rc.conf読まんといかんなあ。
というわけで、rpc.lockd と rpc.statd を スタートかけて、無事に annoが動くようになった。やれやれ。。。 これで普段の仕事のほとんどを FBSD5.2のマシンに移せそうだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

CLIE TH55

外かんのできる街で: CLIE TH55

このところ久々に萌えてる情報家電の一つなのですが。。
先立つものが…(;_;)

とりあえず気に入らないところを挙げろといえば、メモリースティックなところだな。
それをCFスロットにしてくれれば、PHSとか付けられるのに。
それをSDスロットにしてくれれば、カメラ付き携帯やデジカメと連携できるのに。

ああ、あと無線LAN、うちの会社の中のへんてこな認証でも使える柔軟性はあるんだろうか。使えないとなると魅力半減どころか1/4以下だなあ。

iPodも欲しいし。。(あー、あれも4万だな)
DVD/HDDレコーダーも欲しいし。。
まともなデジカメ欲しいし。。

しんぐるいんかむだぶるきっずの我が家には、まだまだ遠いです。
早く来い、夏のボーナス。


| | Comments (1) | TrackBack (0)

更新の自動登録 その2

BlogPeopleへの更新の自動登録、ようやく動作するようになりました。
サポートにメールしたところ、お返事には alias URLとして
http://cookiem.cocolog-nifty.com
を登録しておきました。だとさ。 たぶん違う気がするけど(笑)

うーん、いろいろ試したら、

(1) ココログの場合は、weblogs.com にPINGを送るようにしか
設定できない。
なぜならPING送る相手がココログかWeblogs.comしか選べない。
そして、編集が楽な更新リストのXMLをココログは公開していない。

(2) ちゃんと説明文がないけど、たぶん Weblogs.comが公開しているの
XMLリストから10数分かおきに Blogpeople.netが読み込み、そこから
会員の URLを拾って、自分のところのXMLとソート&ユニーク。

(3) が! Weblogs.comは、ひじょーーーに重いときがあって、
更新がなかなかされない。

(4) そればかりか、短時間のうちのおなじURLの更新は間引く!

(5) 結果、思いっきり掲載に時間がかかったり
(40分かかったことがあった)
Weblogs.comに間引かれて載らなかったりする。

というところが僕が推測した結果です。(あってるかな?)

では、ココログから確実に、Blogpeople.netの更新リストに URLを載せたい場合はどうするか?

「手動でPINGを送るしかない」というのが結論のようです。

ぶつぶつぶろぐ: 更新の自動登録

| | Comments (4) | TrackBack (0)

2004.02.03

タクシーでもし、道を間違えた分まで請求されたら?

徒然なるままだし: 大事なものは共感して欲しい

本筋とぜんぜん違うところに反応(^^;

ところが、運転手さんは「どうもすみませんでした。」と謝りながらも、メーターに表示されている料金をそのまま告げてきた。

さて、あなたならどうします?

できれば、気持ちよくタクシーを利用し、気持ちよく料金を払いたいんですが…残念ながらこういう運転手結構いるんですよね。僕も何回か道間違えたくせにメーターの料金そのまま請求されたことがあります。

というわけで、タクシー業界のホームページを探してみつけたのがここ。

タクシーポータルサイト

さっそく、質問メールを送ってみました。
さくっと返事が返ってきました。

返事を要約すると
「道を間違えて多く請求された場合は、当然、減額を請求してもよい。タクシーは地図を常備することが定められており、目的地が判らねば、地図や無線で聞いてでも乗客をきちんと送り届けることとなっている。
もし運転手に脅されたり、いろいろ言い訳して減額に応じないならば、その場では支払って領収書をもらい、あとで当該タクシー会社か東京・大阪タクシーセンターや運輸局自動車部旅客第2課に苦情を報告すべし。当該業者と運転手は厳重処罰される。
できれば、地図(マップファンなど)で利用区間の距離を調べ、タクシー料金を検索をして、目安を事前につけておくといい」

とのこと。

その他のタクシー利用に関するQ&Aはここです。
タクシーポータルサイト:タクシー会社が答えるQ&A

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2004.02.01

消されちゃったコメント

外かんのできる街で: コメント消されちゃった(コメントは君のものとはいうものの…)

僕もこのあいだ、消されちゃいました。
ご丁寧なことに、それまでそのサイトのサイドフレームにあったリンクリストから、うちへのリンクが消されてました。だいぶそこの管理人さんを怒らせたようです(苦笑)

コメントは相手にあげたものですから、煮て食おうが焼いて食おうが改変しようが消そうが管理人の裁量の中です。でも、コメント書いたことは、少なくとも僕の中では事実だし、変わらないし、消えないのです。せめて何でそうしたのかコメントは欲しかったな。そしたら次のコメントには気をつけたのに…

その管理人さんへの想いも僕の中で変わりました。もうそのサイトにコメントもトラックバックもすることはないでしょう。その管理人さんも僕からもらうの嫌でしょうしね。
この反応が大人気ないといわれればその通り、僕もいつも冷静沈着ですべてを客観的に捉えて分析し生きていってる人じゃありませんので。悪しからず。

僕もトラックバックを消したことがあります。
あまりに僕の記事とは関係ない企業広告ものだったもので。
一応理由も書いておきましたが…誰かからのリアクションには変わりがありませんので、それを消すというのはあまり気持ちのいいものではありません。が、あまりにもハズレたものは申し訳ないのですが消します。一応、管理人なので。。

誰かからのリアクションが欲しくて、開設したこの雑記帳です。頂ける貴重なコメント(ツッコミ)が命です(オーバーだな)
ピッときた記事があったらちょこちょこっとコメントを書き込んでいただけるとありがたいです。気軽にツッコンでくださいまし。

ちなみに気に入らないコメントを書かれた場合、たぶん、僕はそれを消さず、「これ、気にいらねーぞ」と大人気ないコメントや記事を書き込むことでしょう(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

解析結果

さて、短時間ながらうちのページに来る検索ワードダントツ一位は

かいけつゾロリ

でした。迷い込んだ方、ごめんなさい。
今日から始まるねという以外の全然情報ないんです。。
しかも、今日見てないし(^^;
残りも、どれもこれも迷い込んだというのがよく判るキーワードです。
ホント、なんにも情報なくて申し訳ない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

かいけつゾロリ見忘れる

かいけつゾロリ

今日からでしたね。かいけつゾロリ。
が、僕もカミサンもグースカ寝てた。(^^;
こどもらは7時に起きてたみたいだけど、今日からやってるというのを忘れててTVをつけなかったらしい。
はっはっは、残念でした。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

更新の自動登録

blogpeopleへの更新の自動登録がうまく動かない。
weblogs.comへのPING送るチェックボックスさえオンにしておけばよさげのようにマニュアルは読めるんだがな。
weblogs.comにはトラックバックが動作してるし、手動なら更新登録できるし、トップページにでた更新リストからも飛べるところを見るとおかしいとは思えないんだがなあ。謎…

追記:
cocologのPINGサーバには、ずいぶんとゆっくりだけど登録されてることを確認。
15分経つけど、weblogs.comにはない。 weblogs.comに実は会員登録が必要とか?
でも、一個前の記事はほぼリアルタイムに載ってたりする。。

さらに追記:
Weblogs.comへのPINGは、どうやら不安定っぽい。さっきの記事は成功していた。
が、blogpeopleの更新リストには載らないなあ。
やっぱり手で送らんといかんのかな。

| | Comments (4) | TrackBack (1)

DM その2

もう一枚、同じ人が突っ込んでいったと思われるDM。DMに書いてあるインセンティブ貰うためのIDが同じなんだもん。

「時価の100分の1 そっくりさんブランド品大特価」 ってやばいだろうそれ。
もともとネットで販売していましたが商品が商品だけにネットでの販売が難しくなったのでDMで売り始めたとか書いてある。偽ブランド品を扱うことが違法であること知っててのDMってわけだ。こんなに大々的にDM配ってて足つかないの?(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

DM

詐欺と脳味噌スポンジ3

ここに書いてある業者のパンフレットが郵便ポストに突っ込まれてました。
DMくばりのアルバイトをしてる人がいるみたい。
しっかし、商売続いているところをみると、いくら払ってもいいからカードが作りたい人っているんだなあ。
手数料が25,000円。でも、この業者がやることは海外銀行のクレジット提携カードを作成申し込みのパンフレットを送ってよこすだけで、業者自体は何もしないのだろう。違法なカードを作るわけじゃないけど、手数料丸儲け。たぶんさらに斡旋のバックマージンも貰ってるんだろう。そんでもって個人情報も金融業に流すんだろうなあ。何万も払ってでもカードが欲しい人ってやっぱり…他の金融さんにとってもいいお客かもしれないからねえ。。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

アクセス解析

どうも、あの手裏剣ぐるぐるが嫌いで入れたくないなと思っていた忍者ツールですけど、どういう検索ワードでここに来るんだろうと思って入れてみました。
と、よくよく読んでみると無料版でもあの手裏剣ださなくてもいいのね。というわけで、手裏剣なしバージョンを入れてます。
さあ、どういう結果が得られるのか楽しみ楽しみ。

| | Comments (5) | TrackBack (2)

デカすぎるのも。。

笑っていいとも増刊号で。。

乙葉が慎吾に、背がでかくて顎しか見えない、威圧感がある。といっていた。
慎吾も背の小さい女性と話すとき、威圧感を与えてるというのが気になるといっていた。

これ、よくわかる。
僕は180cm近い背がある。正確に言うと179cm。で、カミサンは146cm。30cmも差がある。一緒に歩いてると、彼女のツムジしかみえない(笑) どんな表情をしてるのかさっぱりわからない。見上げてもらわないと顔が見えないし、こっちも見下ろす(見下げるは×)。こりゃ威圧感あるよな。横幅もあるほうだし…初対面だと特に怖がられてるというのが伝わってくる。こっちもどうすればいいのか、どぎまぎしてしまう。デカすぎるのも損だよな。

視点が違うと風景も全然違うよね。
普段、女性の頭の上しか見えないのだが、たまに175cm以上の真正面に顔が見える女性にあうと、いつもと風景が違って不思議な気分だ。200cmくらいの男性にあっても、自分はこんな風に見えてるんだと思うことがある。確かに顎の下を見てしまうな(^^;

高身長がいいといいつつ、背の差がありすぎるというもの問題だなあ。見栄え的に5cmのヒール履いてもちょい高いくらい+10cmがちょうどいいのかな。最近の平均な女性の身長で155~160cmくらいとすると、170cm前後くらいがいいってか?まったくもぉ、難しいもんだなあ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

市場価値 その2

以前の記事で独身女性が付き合う相手のどこを値踏みするかの順というのを書いていたが、フジテレビの笑っていいともでもランキングをやってましたねえ。

1) 職業
2) 高学歴
3) 高収入
4) 高身長
5) 容姿
6) 性格
7) 話し方
8) 長男ではない
9) 親と別居
10) 趣味

途中から増刊号で見ていたので、なんの調査だかわからなかったけど、どうゆう調査の結果からのランキングだったんだろう? (誰か教えて)

長男ではない…低いですねえ。ま、これ言ってたらいまどき誰も居なくなるからでしょうか。
しかし、あとはみごとに釣書の見栄えの順ですねえ。(^^;
相手の身上を調べて、結婚後、自分が経済的に困らないか?というのが一番気にするポイントってことか。趣味や性格が気に入らなかろうが、親と同居しようが、まずは「銭や銭!」という人が多いか。まあ、確かに金で解決できるかもしれんなあ。現実的といえばその通りか。


| | Comments (2) | TrackBack (0)

苦労したい?

普段、会社の机の上でメールを読み書きしたり、Web見たり、ソースコードを触ったり、部門サーバをいじったりと使っているPCは FreeBSDなマシン。はびこってるMS Officeなファイルをいじるときだけは、Windows2000なノートPCを使っている状態。
FreeBSDとは386BSDといっていた時代からの付き合い。もともとBSDベースのUNIXの上で仕事してたので、その環境が家でも使いたくて触り始めた。そのうち、時代の波に飲まれて会社のUNIXマシンも消えていき、かといって素直にWindowsマシンにすべてを移して使う気になれなかったので、FreeBSDを突っ込んで使い始めた。
いまでは、回りすべてが Windows、ちらほらLinuxなのに、僕だけFreeBSD。変わり者?

余ってたPCを拾ったので、今使ってるPC(FreeBSD4.7)の後継機にでもしようかとFreeBSD5.0Rを入れてみたのだが、最初についてたメモリが足らなくて、GNOMEを起動するのが精一杯。後は何するにもPage in/outでギコギコしてしまい、メモリを増やそうにも手持ちのDIMMでは認識してくれず増やせなかった。ちょっと本格的に使うには重過ぎる。5.0Rももう一つ不安定だったし。

ようやく、先日、メモリを追加できたので、早速、FreeBSD5.2Rを突っ込んでみた。
Boot loaderとか雰囲気変わってます。Kernel周りもデバッグ用のコードがだいぶ取り払われて心なしか軽くなったような…アプリケーションも5.2Rに合わせて、Portsから一個ずつCompileしなおし。ゼロから育てるのも結構大変だ。昔と違って日本語の環境を構築するのも楽にはなったけど、5.2でのportsは少々トンガッていているんで、日本語の環境のほうが追いついていない。バージョン違いでパッチが当たらなかったり、英語版との不整合で動きが変だったり。。。

ようやく金曜日に、日本語環境用のMozilla1.6に入れ替え、Kinput2のインラインがまともに使えるようになったし、新しすぎるmh-eを古いのに入れ替えてMH plusで日本語なMIME環境でメールがやり取りできるようになった。もう一息なんだけどねえ。メインマシンに使えるように育つまで、まだもうちょっと時間がかかりそうだ。

そんなに苦労するなら、Windowsやら、RedHat Linuxにしてrpm詰め込みで楽すれば?とよく言われるんだが、すいません、苦労してみたいんです(笑) 使いたいので入れてるんでインストールマニアってわけじゃないけどね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2004 | Main | March 2004 »