« 4000カウント | Main | ケーキ »

2004.01.25

XとYの戦い

quatro: そもそもの疑問

なんでみんな恋愛したいの?

これが一つの解かもしれない。
asahi.com: 快楽急行 XとY 口説く男と、次をさがす女 <島田雅彦>

染色体XとYの拮抗した戦いから、利害を忠実に反映したのが恋。
男がどうしたら口説き落とせるかを考えている時、女はどうしたら、もっとましな男と巡り合えるかを考えている。性差があり、X染色体とY染色体とが戦っているがゆえ、人間の知能もおおいに進化を遂げたというわけである。

それにしてもこのコラムの〆のことばが笑ってしまった(^^;(失礼)

|

« 4000カウント | Main | ケーキ »

恋愛」カテゴリの記事

Comments

大~~~いに参考になりました(笑)。
これを見る限り、私の染色体は恋愛に対してまだまだ磨き方が足りないようで(^_^;)。逆にヤワラちゃんは、柔の道だけじゃなくて恋愛にも長けていた、と。
いや、谷選手のY染色体が長けていたのか…?

あ、他人がとやかくいう問題ではなかった(^_^;)。

Posted by: まりあ | 2004.01.25 at 14:28

人間の立ち振る舞いのすべてを遺伝子が操ってるという論も…(^^;

Posted by: くっきも | 2004.01.25 at 15:02

ほんじゃぁ、人の運命までも遺伝子が…?
「遺伝子占い」やったら繁盛するかも~(*^_^*)

Posted by: まりあ | 2004.01.25 at 18:28

 遺伝子ネタをやっちゃうと、大抵の愛と性モノは説明できちゃうからなぁ。相反するような事も、「遺伝子の多様性を求める方向」と「危機的状況で遺伝子を残す方向」とのトレード・オフで矛盾しないし。

Posted by: satoshis | 2004.01.25 at 19:51

逆に説明できないと困るかもね。
なにせ遺伝子が他の遺伝子と出会い多様性を得て生き残りたいというのが愛と性のすべての起源ですから。

Posted by: くっきも | 2004.01.25 at 20:13

スカトロジーとネクロフィリアは説明できません、私には(笑)。

Posted by: satoshis | 2004.01.27 at 15:09

僕もそっちの方面は判りかねます(^^;;;

Posted by: くっきも | 2004.01.28 at 01:35

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10432/131687

Listed below are links to weblogs that reference XとYの戦い:

« 4000カウント | Main | ケーキ »