« 呼び方で見えちゃうかな | Main | 広告トラックバック »

2004.01.17

浮気願望

そらまあ、浮気してみたいですねえ。聖人君子じゃないし、悟り開いた坊さんでもなければ、神に身をささげたわけでもないから、あーんなことやこーんなことが起きないかなと願望はありますよ。
しかし、相手が居ないことには浮気はできませぬ。

僕には、立っていれば相手が寄ってくる誘蛾灯のような容姿も、フェロモンでまくりの雰囲気も無い。コマセに金品をばら撒く甲斐性も無い。アフターファイブどころか毎日のように残業で午前様だ。そもそもアチコチ声かけるマメさも無い。話題だって女性が気を引くようなものなど何にも無い。

これじゃ浮気相手を作るには、かなりの無理をし努力をしなくちゃいけない。それにしても、よくもまあ結婚できたもんだ。奇跡だな(^^;
じゃ、仮に浮気相手を作るためにヒーヒー努力した後に被るリスクは、代償は、、、いまの奇跡的な運命(?)で得た毎日楽しく暮らしている相手、家庭を失うかもしれないということ。うーん、それはあまりにもでかすぎる損失だ。いっきに気分は萎えまくる(^^;

ま、そんなとこですかね、家庭的に見えるダンナの正体なんて;)

|

« 呼び方で見えちゃうかな | Main | 広告トラックバック »

恋愛」カテゴリの記事

Comments

ハゲドウです。

…僕もそうですが、家庭的ダンナの正体は、ある種の

「情熱の怠惰」

的なモノで、本当はあーんなことやこーんなことを期待しているワケです。

…あ、いや、やっぱり違います、妻がこのページを見るといけないので…失礼しました…。

Posted by: たろー。 | 2004.01.17 at 14:04

情熱の怠惰。
なんかカッコいいな、それいただきです(おいおい)

カミサン:「金で解決したら犯罪になっちゃうものね」
ぼく:「そんな気ぜんぜんないけど、もしそれ覚悟にやろうと思っても、先立つものが無い…」
カミサン: (爆笑:財布の中身にお札がないのばれてる)

もう、だめぽ…(^^;

Posted by: くっきも | 2004.01.17 at 19:16

情熱の惰性...どこかで似たようなのを聞いたか見たか読んだか。
女性についての文章だったかも。「貞淑な女というのは」という言葉に続いてだったか。
うーむ、思い出せん。

今の時代男性だけの話じゃないですしねー。浮気願望って。
いえ、私は今のところ全然ないですが。将来どうかは...(以下自主検閲)。
浮気願望じゃなくても、女性の場合はマリッジブルーでしたっけ?
「本当にこの人でいいのかしら?もっといい人がいたんじゃないかしら」とかって思い悩むってやつ。
あれもいい勝負で失礼な話だと思ったり。

Posted by: くわとろ | 2004.01.17 at 22:55

>くわとろさん

「情熱の惰性」じゃなくて
「情熱の怠惰」です、一応w。

この言葉絡みは、色んな言い回しがあって、
「凪いだ情熱」
「人生の灰」
「枯れた泉」
など、…うーん、「情熱の怠惰」が一番いいかな。

ちなみに、
「貞淑な女というのは」
に続くのは、
「凪いだ情熱に他ならない」
だったと思います。

ではでは。

Posted by: たろー。 | 2004.01.19 at 02:01

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10432/108513

Listed below are links to weblogs that reference 浮気願望:

» 浮気を止める理由 [quatro]
まだ同棲していた時。私が今の夫に聞いた。 私「浮気すると思う?」 彼「しないよ」 私「どうして?」 彼「そんな暇ないもん」 私「じゃ、暇があったらするわけ?」 ... [Read More]

Tracked on 2004.01.17 at 11:35

» 浮気願望について聞いてみた [結婚してシマッタ!]
くっきもさんのブログを読んで、うちの夫の浮気願望ってどんなんやろ?と思い聞いてみましたが、うちの夫は浮気には全く興味が無いそうです。 夫は女にモテない時期が長す... [Read More]

Tracked on 2004.01.18 at 21:26

« 呼び方で見えちゃうかな | Main | 広告トラックバック »