« 亭主元気で留守がいい | Main | みかん »

2004.01.12

GSM携帯

今回の出張は、GSM携帯 V66を Vodafone で買ってから出かけました。本体は5000円ほど、月の基本料金も540円、レンタル携帯よりもかなり安い通話料金。GSMローミングサービスエリアを考えるともうほとんどどこでも使える状態にあります。何度か海外に行かれる人は、このV66はお得かもしれません。出張中、会社へのサポート要請も画面見ながら出来たし、ヨーロッパのスタッフの携帯からも連絡が入ってきて自分が国際化した妙な錯覚を覚えました。(バカみたい)

そう、日本と韓国を除いてほぼGSMの天下です。
日本は、まだほとんどPDCです。独自のプロトコルといっていい状態。海外から日本に来る出張者は日本だけは独自に携帯を買わなきゃならなくてとブーブー文句いってます。韓国はcdmaOneのみなので日本同様に特殊といえば特殊かもしれない。けど、北米がcdmaOneだったりするので、そういう意味ではローミングサービスを受けることが出来る。

次世代規格といわれる DoCoMo FOMAとVodafone VGSのW-CDMA規格は、一応、ポスト GSMといわれているようですが、あの巨大さは、とくにGSM携帯の小ささに慣れてると、もー許しがたいでかさです。設備投資もかかるでしょうからすぐには切り替わるとは思えませんねえ…とはいえ、腐っても日欧推進規格はこっち。
もうひとつの次世代規格 auが使っている CDMA2000 1x規格。こっちは北米が推進しているもの。W-CDMAと現在覇権争い中。前哨戦での ITU(国際電気通信連合)が標準化を進めている次世代通信方式IMT-2000では、W-CDMAとCDMA2000は併記となり引き分け。

どっちにしても、次世代携帯1つで全世界をうろつける利用者の便利は実現するまでまだまだかかりそうです。

|

« 亭主元気で留守がいい | Main | みかん »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10432/94803

Listed below are links to weblogs that reference GSM携帯:

« 亭主元気で留守がいい | Main | みかん »